6月11日、テレビ東京の「男子ごはん」で放送された料理研究家の栗原心平さんが作るスタミナ定食「トマトと舞茸のにんにくスープ」のレシピです。
トマトと舞茸を使い、にんにくの風味を効かせたスープを作ります。マイルドな味でいくらでも食べられる「キャベツのピリ辛浅漬け」も作ります。

スポンサードリンク

トマトと舞茸のにんにくスープ

材料 2人分

舞茸      1パック(100g)
トマト     小1個
ニラ      2本
にんにく(みじん切り) 1片

ごま油     大さじ1

(A)
水       600cc
顆粒鶏がらスープの素 小さじ2

酒       大さじ1
塩       小さじ1/2

作り方

準備
・トマトはヘタを取って熱湯にさっと入れて冷水に取って湯むきして、2㎝角に切ります。
・ニラは5㎜幅に刻みます。
・舞茸は食べやすい大きさに切ります。
・(A)を混ぜ合わせます。

1.鍋を熱してごま油をひき、にんにくを中火で炒めます。
2.にんにくがきつね色になったら舞茸を加えて炒めます。
3.しんなりしたら酒を加えてザッと炒め、(A)を加えて3~4分煮ます。
4.塩で調味し、ニラ・トマトを加えてひと煮して器に盛って完成です。

POINT

にんにくはきつね色になるまで炒めるとローストした風味がスープに加わり香ばしく仕上がります。


スポンサードリンク

キャベツのピリ辛浅漬け

材料 2人分

キャベツ    450g
塩       小さじ1と1/2

(A)
にんにく    2片
すし酢     大さじ1と1/2
ごま油     大さじ1
韓国唐辛子(粉末) 大さじ1/2

作り方

準備
・キャベツは芯を除き、大き目のひと口大にちぎり、芯は薄切りにします。
・にんにくはすりおろします。
・(A)を混ぜ合わせます。

1.ボウルにキャベツ入れ、塩を振ってもみ込み、(A)を加えてもみ込みます。
2.ボウルに落としラップをし、重しをのせて3時間以上おきます。

POINT

食欲がなくなったときでもたくさん食べられるマイルドなピリ辛味に仕上げます。
浅漬けでも良いですが1日置くとさらにおいしくなります。

チコリより

にんにくはスタミナアップに欠かせませんね。メインだけではなく、スープや漬物などいろいろな使い方が勉強になりました。

スタミナ定食

  • にんにくの芽の豚肉ロール巻き
  • トマトと舞茸のにんにくスープ・キャベツのピリ辛浅漬け
  • スポンサードリンク