2月19日、テレビ東京の「男子ごはん」で放送された料理研究家の栗原心平さんが作る「エビと鶏!ダブル団子のエスニック鍋」のレシピです。
エビと鶏の2種類のふわふわ団子を作ってクリーミー&ピリ辛なエスニック風の鍋で頂きます。寒い冬だけではなく暑い夏にもおいしい一年中楽しめる鍋です。

スポンサードリンク

エビと鶏!ダブル団子のエスニック鍋

材料 2人分

エビ団子
むきエビ   250g
はんぺん   25g
薄力粉    大さじ1/2
塩      小さじ1/3
黒こしょう  適量

鶏団子
鶏ももひき肉 200g
たまねぎ   1/4個
しょうが   1片
はんぺん   40g
薄力粉    大さじ1/3
塩      小さじ1/3
黒こしょう  適量

エスニック鍋
ダブル団子のタネ 適量
なす      2本
たけのこ(水煮) 100g
チンゲン菜   1株
いんげん    5本
エリンギ    1/2パック
にんにく    1片
しょうが    1片
ココナッツミルク缶 1缶(400g)
赤唐辛子    4本
青唐辛子    5本

水       500cc
鶏がらスープの素(顆粒) 小さじ1

(A)
ナンプラー   大さじ2
オイスターソース 大さじ1/2
塩       小さじ1/3

バジル     6枚
揚げ油     適量
パクチー    適量
ライム(くし形に切る) 適量

シメ
フライドオニオン 適量
フライドにんにく 適量
ナンプラー    適量
ごはん      適量

作り方

ダブル団子づくり
1.エビ団子を作ります。エビは洗って水気を拭いて背ワタを取り除きます。
全ての材料をフードプロセッサーに入れて滑らかになるまで混ぜます。
2.鶏団子を作ります。玉ねぎ、しょうがはざく切りにします。
すべての材料をフードプロセッサー入れて滑らかになるまで混ぜる。

エスニック鍋
1.なすは縦半分に切ってから斜めに等間隔に切り込みを入れ、長さを半分に切ります。
たけのこは一口大に切ります。
チンゲン菜は1枚ずつ葉をはがして3等分に切ります。
いんげんは斜め3等分に切ります。
エリンギは食べやすく割きます。
☆手で割くと歯ざわりが優しくなります。
にんにく・しょうが(皮付き)は薄切りにします。
2.揚げ鍋に揚げ油を中温に熱し、ナスを入れて強火で素揚げにし、色づいたら取り出し油を切っておきます。
☆色よく仕上げるため、独特の臭いを和らげます。
3.鍋に水を入れて煮立たせ、鶏がらスープの素・ココナッツミルク・にんにく・しょうがを加えて煮立てます。
4.半分に切った青唐辛子、ヘタと種を取り除いた赤唐辛子を鍋に入れます。
☆赤唐辛子はお好みの辛さに合わせてちぎって種ごと入れます)
5.調味料(A)を加えて混ぜます。
6.スープが沸いたらスプーンで団子のタネをそれぞれひと口大にまとめながら加えていきます。
パン衣揚げ団子も作るときはたねを残しておきます。
7.たけのこ・チンゲン菜の茎・エリンギ・いんげんの順に加えていき煮ます。
8.団子に火が通ったらチンゲン菜の葉・なすを加えます。
9.刻んだバジルを加えて混ぜて完成です。
10.お好みでライム、刻んだパクチーを添えます。

エスニックスープごはん(シメ)
1.器にごはんを盛って鍋のスープをかけます。
2.ナンプラーを回しかけ、フライドオニオン・フライドにんにく・パクチー・ライムなどを加えて混ぜながら頂きます。

ポイント

団子の食感をふんわりやわらかく仕上げるためはんぺんを加えます。
鍋には青唐辛子を加えてコクを出します。

チコリより

お団子が2種類あれば飽きずに頂くことができ、嬉しいですね。2種類のお団子からおいしいお出しが出ておいしそうです。

ダブル団子のエスニック鍋

スポンサードリンク