2月26日、テレビ東京の「男子ごはん」で放送された料理研究家の栗原心平さんが作る鉄鍋シリーズ第2弾「玉ねぎとりんごのすりおろしソースのステーキ」のレシピです。
鉄鍋のスキレットを使ってジューシーな分厚いステーキを焼きます。すりおろしたたまねぎとりんごのがこく深いソースを添えます。

スポンサードリンク

玉ねぎとりんごのすりおろしソースのステーキ

材料 2人分

牛ステーキ肉(3㎝厚さ) 2枚(1枚が約400g)
塩      小さじ2
黒こしょう  適量
にんにく   2片
オリーブ油  大さじ1/2

赤パプリカ  1/4個
黄パプリカ  1/4個
いんげん(塩茹でしたもの) 5~6本

ソース
たまねぎ   1/2個(約140g)
りんご    1/4個(約100g)
にんにく   1/2片
バター    10g

(A)
赤ワイン   100cc
しょうゆ   65cc
みりん    30cc

ガーリックバター
バター(常温に戻す) 30g
おろしにんにく  1/4片分
パセリ(みじん切り) 小さじ2

作り方

1.牛肉は30分~1時間程置き室温に戻し、全面に塩(1枚に小さじ1)・黒こしょうをふって10分おきます。
☆塩は強めにします。牛肉の側面にもふります。
2.ガーリックバターの材料を合わせてよく混ぜ、ラップで包んで円柱状に成形して冷蔵庫で冷やし固めます。
3.いんげんは長さを半分に切ります。
赤パプリカ、黄パプリカは縦半分に切ります。
にんにくは半分に切ります。
4.ソースを作ります。玉ねぎ・にんにくをすりおろします。りんごは皮と種を取り除いてすりおろします。
5.小鍋にバターを溶かし、りんご・玉ねぎ・にんにくを加えて炒めます。
6.透き通ってきたら(A)を加えて中火で3~5分、1/3量になるよう煮詰めます。
7.牛肉を1枚ずつ焼いていきます。スキレットをよく熱してオリーブ油を引き、にんにくを入れて炒めます。
8.香りが出てきたら牛肉を入れて中火にして4分焼きます。肉から水分出てきたら強火にする。
途中にんにくに焼き色がついたら肉の上にのせます。
9.牛肉を返してさらに2分焼きます。
10.空いているところに赤パプリカ・黄パプリカ・いんげんを加え、さらに2分焼きます。
(牛肉は厚さによって多少差が出るので、様子をみながらお好みの焼き加減に仕上げる。)
11.⑥のソースをアルミホイルで作ったカップに入れて温めます。食べる直前で肉の上にガーリックバターをのせて完成です。

POINT

ステーキを美味しく焼くポイント
1.牛肉を30分~11時間置き、常温に戻します。
2.牛肉に下味をつけて10分程度置いておくことで味がしっかりと浸透しおいしく仕上がります。
3.鉄鍋を十分に熱し、牛肉を片面4分中火でしっかり焼くことで焼き目をつけ、肉汁を閉じ込めます。

スキレットを使わずフライパンでも同様に作ることができます。

チコリより

スキレットを使って焼く分厚いステーがボリューム満点でお店で頂くようにとてもおいしそうでした。
たまには奮発してみるのもいいですね!

こちらがスキレットです。アメリカのLODGE(ロッジ)社のものが有名だと思いますが、最近はイオン、ニトリなどいろいろなところから発売されていますね。サイズもいろいろあります。料理にはもちろんお菓子作りにも使えます。

鉄鍋シリーズ第2弾