3月15日、テレビ東京なないろ日和「薬丸キッチン」のコーナーで放送された「レストラン大宮」シェフ大宮勝雄さんが作る「アサリと鯛のアクアパッツァ」のレシピです。
アサリと鯛を桜の香りのアクアパッツァにします。

スポンサードリンク

アサリと鯛のアクアパッツァ

材料 1人分

鯛       2切れ 
桜の葉(塩漬け) 2枚 

アサリ     200g 
菜の花     2本 
ミニトマト   8個 
白ワイン    50cc

にんにく    1片 
桜エビ     30g

オリーブオイル 50cc 

白ワイン    50cc 
水       300cc(桜の花と葉をもどした水) 

桜の花(塩漬け) 2〜4房
仕上げ用オリーブオイル 50cc

作り方

準備
・桜の葉と花は水で戻し、水気を取ります。
・あさりは砂抜きし、殻をきれいに洗います。
・桜の葉の芯を取り除いて 鯛の切り身に巻きます。
・にんにくは皮をつけたままつぶします。
・桜の花は電子レンジで10秒程加熱して花を開かせます。

1.オリーブオイルでニンニクを素揚げにし、香りが立ったらにんにくは取り出します。
2.桜エビを加えて加熱し、オイルに桜エビの香りを移します。
3.アサリと菜の花を入れて炒めます。
4.鯛の切り身をのせて、プチトマト・白ワイン・水(桜の花・葉をもどした水)を加えて蓋をし、強火で1分程グラグラ煮立て、アサリの殻が開いたら火を止めます。
5.皿に盛りつけて、仕上げ用オリーブオイルをかけ、桜の花を添えて完成です。

POINT

オリーブオイルににんにくと桜エビの香りをつけます。

チコリより

 
桜の香りのアクアパッツァおいしそうです。特別な調味料がなくてもおいしくできるのがうれしいですね。
桜の花の塩漬けを電子レンジで加熱すると花が開くんですね!ちょっと感動しました。

(おことわり)
放送では材料が1人前で鯛は2尾となっていましたが、分量的に2人分が適当かと思います。鯛は切り身を使っていましたので切り身2枚とさせていただきました。
また仕上げ用オリーブオイルは放送中では使っていませんでしたがお皿に盛ってからオイルをかけるものと判断し、レシピに加えさせていただきました。なくてもOKなのかもしれません。

スポンサードリンク