4月5日、テレビ東京なないろ日和「薬丸キッチン」のコーナーで放送された「レストラン大宮」シェフ大宮勝雄さんが作る「たけのことビーフのピラフ」のレシピです。
たけのこと牛肉を使ったご飯を炒めて作る大宮シェフオリジナルのピラフです。ちゃんとお米から炊いたような味わいになります。

スポンサードリンク

たけのことビーフのピラフ

材料 1人分

牛こま肉   50g
小麦粉    少々

たけのこ   150g(底100g・穂先50g)
青ねぎ    40g(根元30g・葉先10g)
にんにく   10g

ごはん    180g
バター    20g

オリーブオイル 10g
塩      少々
こしょう   少々
しょうゆ   少々

作り方

準備
・たけのこの底部分は角切りにします。
・にんにくはみじん切りにします。
・青ねぎは根元(炒め用)、葉先(仕上げ用)をそれぞれ刻みます。
・牛こま肉は塩・こしょうをして、薄く小麦粉をまぶします。
・ボウルにご飯とバターを入れて混ぜ、塩・こしょうをふって混ぜ合わせます。
 ☆ごはんは冷たいときは電子レンジで温めてから使います。

1.たけのこの穂先は塩・こしょうをして網にのせて直火で焼き、きれいな焼き色をつけ、ボウルに取り、オリーブオイル(EXV)を絡めます。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、たけのこの角切りを塩・こしょうをふってソテーします。
3.オリーブオイル・にんにくを加え、香りを出します。
4.牛こま肉・ごはんを加えて炒めます。
5.青ねぎ・しょうゆを加えてさらに炒め、塩・こしょうで味をととのえます。
6.お皿に盛りつけ、焼いたたけのこの穂先をのせ、青ねぎを散らして完成です。

POINT

温かいご飯にバター・塩・こしょうを混ぜてから炒めます。

チコリより

 
トッピングの焼いたたけのこの穂先がおいしそうです。ご飯は炒める前にバターを混ぜておくと、お米から炊いたピラフのようにパラパラしておいしくなるそうです。チャーハンにも使えるコツかもしれませんね。

スポンサードリンク