4月17日、テレビ東京なないろ日和「薬丸キッチン」のコーナーで放送された料理研究家関口絢子さんが作る「アスパラのステーキ アンチョビバターソース」のレシピです。
グリーンアスパラガスがメインのおかずになります。ワインなどにも合いそうなおしゃれなお料理になります。 

スポンサードリンク

アスパラのステーキ アンチョビバターソース

材料 2人分

アスパラガス   1束(3~5本)
オリーブオイル  適量
塩        適量
こしょう     適量

アンチョビ    2枚
おろしにんにく  小さじ1/2
バター      10g

温泉卵      1個
パルメザンチーズ 大さじ1
粗びきこしょう  適量

作り方

準備
・アスパラガスの袴と下から5㎝位の根元の皮をむき、根元を1㎝程切り落します。
・アンチョビを刻みます。

1.フライパンを中火で熱しオリーブオイルを入れ、アスパラガスをソテーします。
2.塩・こしょうをふって味を調え、器に盛ります。
3.フライパンにバターを入れ、アンチョビとにんにくを炒め、アンチョビが溶けたらアスパラにかけます。
4.アスパラガスの上に温泉卵をのせ、パルメザンチーズ・粗びきこしょうをかけて完成です。卵を絡めながらいただきます。

POINT

アスパラギン酸とにんにくで疲労回復効果が期待できます。
温泉卵がなければ目玉焼きでも。

チコリより

 
放送では立派なアスパラガスが手に入ったとのことでとてもおいしそうでした。アスパラガスはできるだけ太いものを選ぶとよいと思います。アスパラはゆでずに焼いただけ、ソースをかけていただくシンプルなお料理ですが、盛り付けるとおしゃれです。アスパラガスを切らないでのせられる横長のお皿を用意してくださいね。

スポンサードリンク