1月25日、テレビ東京のなないろ日和の「薬丸キッチン」のコーナーで放送されたレストラン大宮シェフの大宮勝雄さんが作る「ポーク丼赤ワインきのこソース」のレシピです。
フライパン1つで簡単に作ることができます。

ポーク丼赤ワインきのこソース

材料 2人分

ご飯     240g
豚こま肉   160g
舞茸、しいたけ、しめじ、マッシュルーム 各30g
にんにく   2g…みじん切り


こしょう
小麦粉
オリーブオイル

赤ワイン   100cc
しょうゆ   小さじ1 
水溶き片栗粉 小さじ1
バター    30g

ベビーリーフ
白髪ねぎ
パセリ…みじん切り

作り方

1.豚こま肉に塩こしょうで下味をつけ、ポリ袋に入れ、小麦粉をまぶします。
 ☆ポリ袋を膨らませてから振ると粉がまんべんなく付きます。
2.フライパンにオリーブオイルを入れ、強火で豚こま肉を軽くソテーします。
3.にんにくを加えて炒めたら、一旦取り出します。
 ☆にんにくは最初から入れると焦げて苦くなります。
3.同じフライパンにオリーブオイルを足してきのこ類をソテーします。
4.赤ワインとしょうゆを加え軽く煮込みます。
5.水溶き片栗粉でとろみをつけたら、よく冷やしたバターを加えます。
 ☆バターはよく冷やしたものを使うとソースがつながり分離しにくくなります。
6.豚肉を戻し入れ、完全に火を通します。
お皿にご飯の上にベビーリーフをのせ、6を盛り付けます。白髪ねぎをこんもりのせ、パセリを散らして完成です。

POINT

豚こま肉は火を入れすぎるとかたくなるので気を付けます。

チコリより

  
ヤッくんが焼き鳥のハツのような味だと言っていました。
おしゃれな洋食メニューが簡単にできます。すぐにでも作れそうですね。

スポンサーリンク