5月11日、テレビ東京なないろ日和「薬丸キッチン」のコーナーで放送された「クッチーナジャンニ」シェフ小崎陽一さんが作る「カツオのカルパッチョ アイオリソース添え」のレシピです。
カツオは表面を焼き、彩りよい野菜とともにアイオリソースをかけていただくイタリアン風カルパッチョです。

スポンサードリンク

カツオのカルパッチョ アイオリソース添え

材料 2人分

カツオ     160g
塩       適量
こしょう    適量

アスパラガス  1本
ヤングコーン  2本
ミニトマト   2個
ラディッシュ  2個
オリーブオイル 大さじ1

アイオリソース
卵黄      1個
マスタード   15g
白ワインヴィネガー 20ml
ピュアオリーブオイル 200g
おろしにんにく 5g
牛乳      30ml
塩       適量

作り方

準備
・アスパラガスは根元を少し切り落して下の方のかたい部分の皮を剥き、長さを半分に切ります。
・カツオは皮を除き、塩・こしょうをふります。
・ミニトマトは4等分に切ります。
・ラディッシュはスライスします。

1.湯に塩を加え、ヤングコーン・アスパラガスを茹で、冷水にとり、水気を拭き、乱切りにします。
2.アイオリソースを作ります。ボウルに卵黄・マスタード・白ワインヴィネガー(半量)を入れ、泡立て器で混ぜ、オリーブオイルを少しずつ加えながら混ぜます。
 ☆オリーブオイルは必ず少量ずづ加えてください。一度にたくさん入れると分離の原因になります。
3.にんにく・牛乳・残りの白ワインヴィネガーを加え混ぜます。
4.熱したフライパンにオリーブオイル入れて、表面を焼き固めて、切り分けます。
5.皿にかつおを重ねずに並べ、アスパラガス・ヤングコーン・ミニトマト・ラデッシュを彩りよくのせ、アイオリソースをかけて完成です。

POINT

「アイオリソース」はにんにく風味のマヨネーズです。1週間程冷蔵庫保存が可能です。サラダ・ポテトサラダ・茹でたサラダ・肉等にかけるとおいしいです。
カツオは表面を焼くと臭みがなくなり、香ばしくなります。

チコリより

 
かつおはにんにく、マヨネーズがよく合うそうです。カツオがおしゃれな一品になりますね。アイオリソースは作り置きがあると便利そうです。

スポンサードリンク