5月16日、テレビ東京なないろ日和「薬丸キッチン」のコーナーで放送された「ル・リール」シェフ堀知佐子さんが作る「そら豆としらすの卵とじ」のレシピです。
そら豆としらすを煮て卵でとじます。しらすでだしいらずの簡単であっという間にできる一品です。

そら豆としらすの卵とじ

材料 2人分

そら豆(さやから出して) 正味100g(20粒が目安)
しらす     30g
玉ねぎ     1/2個
水       200cc
卵       3個
薄口しょうゆ  10cc

作り方

準備
・そら豆はさやから出して薄皮を除きます。黒い線状の部分(お歯黒と言います)を取ると皮が簡単にむけます。
・たまねぎは薄くスライスします。
・卵は軽く溶きほぐします。

1.鍋に水・しらす・たまねぎを入れて火にかけ、沸かします。
2.そら豆・しょうゆを加えます。
3.フツフツしたら溶き卵を「の」の字を書くようにまわし入れ、蓋をします。
4.卵が半熟状になったら火を止めて、器に盛りつけて完成です。

POINT

そら豆はタンパク質を多く含みます。またビタミンB1を含むので疲労回復にも良いです。
玉ねぎはビタミンB1の吸収をよくする働きがあります。
またそら豆に含まれるカルシウム・カリウムとしらすに含まれるカルシウム・ビタミンB3で骨粗しょう症予防効果があります。

チコリより

そら豆を卵とじにしたことはなかったです。出汁いらずで栄養も豊富なのでぜひ作ってみたいと思います。

スポンサーリンク