5月17日、テレビ東京なないろ日和「薬丸キッチン」のコーナーで放送された「レストラン大宮」シェフ大宮勝雄さんが作る「冷製そら豆のスープ」のレシピです。
そら豆をなめらかにつぶして冷製スープを作ります。洋食屋さんの本格的な味です。

冷製そら豆のスープ

材料 2人分

そら豆    150g
玉ねぎ    30g
ご飯     20g

バター    10g
塩      少々
こしょう   少々
チキンブイヨン 200cc
ローリエ   1枚

(A)
牛乳     100cc
生クリーム  20g
ブランデー  少々
タバスコ   少々
ウスターソース 少々

オリーブオイル 少々

作り方

準備
・たまねぎはみじん切りにします。
・そら豆はさやから出して2分間茹で、冷水で冷やし、薄皮をむきます。仕上げ用に少量取り分け、粗みじん切りにします。

1.フライパンを熱し、バターをひき、玉ねぎ・そら豆をソテーします。
2.塩・こしょう・ご飯・チキンブイヨン・ローリエを加え、オーブンシートなどで落としぶたをして10分煮込みます。
3.ミキサーなどで細かくして、裏ごしします。
4.③をボウルごと氷水で冷やし、(A)を加え、塩・こしょうを味を整えます。
5.冷やした器にスープを注ぎ、トッピング用のそら豆を浮かべ、オリーブオイルをまわしかけて完成です。

POINT

そら豆はでんぷん質が少ないのでご飯を加えてなめらかに仕上げます。

チコリより

 
ブランデー・タバスコ・ウスターソースが仕上げに入るのがちょっと驚きました。プロの味の秘訣ですね!

スポンサーリンク