5月23日、テレビ東京なないろ日和「薬丸キッチン」のコーナーで放送された「ル・リール」シェフ堀知佐子さんが作る「玉ねぎと豚肉のご馳走きんぴら」のレシピです。
豚肉と玉ねぎ・にんじん・ニラを使って彩りがきれいなきんぴらを作ります。野菜をシャキシャキに炒めるのがコツです。

玉ねぎと豚肉のご馳走きんぴら

材料 2人分

新玉ねぎ   1個
豚もも肉(かたまり) 100g
にんじん   1/3本
ニラ     20g
鷹の爪    1本

ごま油    大さじ1

(A)
しょうゆ   大さじ2
みりん    大さじ3

作り方

準備
・豚肉は繊維に沿って4㎝の棒状に切ります。
・新玉ねぎは半分に切り、繊維を断ち切るように3~4㎜の半月切りにします。
・にんじんは4㎝の千切りにします。
・ニラは4㎝長さに切ります。
・鷹の爪は半分に割って種を出します。
 ☆鷹の爪は中に辛み成分があるのでそのままでは味が出ません。
 
1.フライパンにごま油・鷹の爪を入れて強火にかけ、豚肉を加えて炒めます。
2.豚肉に火が通ったら、玉ねぎ・にんじんを加えて炒めます。
3.(A)を加えて水分がなくなるまで炒めます。
4.火を止めて、ニラを入れてさっと混ぜ合わせ、器に盛って完成です。

POINT

玉ねぎとニラの硫化アリルで豚肉に含まれるビタミンB1を効率よく摂取できます。
「きんぴら」は「金太郎さん」の息子の「きんぴらさん」からきていて、力強いという意味があり、鷹の爪の力強い辛さと野菜の完全に火を通さないザクザクした感じを表しています。
ご馳走感が出るように具材の長さをそろえて切ります。

チコリより

 
シンプルなお料理ですが、野菜の炒め方でおいしく作ることができんですね。

スポンサーリンク