5月25日、テレビ東京なないろ日和「薬丸キッチン」のコーナーで放送された「クッチーナジャンニ」シェフ小崎陽一さんが作る「新玉ねぎとベーコンのアマトリチャーナ」のレシピです。
新玉ねぎとベーコンで作るアマトリチャーナのレシピです。新玉ねぎの甘みとサクサク感とフレッシュ感がおいしいパスタです。

新玉ねぎとベーコンのアマトリチャーナ

材料 2人分

スパゲッティ  160g

にんにく    1/2片
鷹の爪     1本
オリーブオイル 大さじ2

新玉ねぎ    160g
ベーコン    30g
ミニトマト   6個
トマトソース  160g

塩       適量

パルミジャーノレッジャーノ 適量

作り方

準備
・ベーコンは棒状に切ります。
・新玉ねぎは少し厚めにスライスします。
 ☆新玉ねぎはあまり薄くするとなくなってしまうので少し厚めにして歯ごたえを残します。
・ミニトマトは半分に切ります。
 ☆トマトはミニトマトの方がに崩れにくく食感が残りやすいです。

1.湯を沸かし、塩を加えて、パスタを袋の表示より2分短く茹でます。
2.フライパンにオリーブオイル・にんにく・鷹の爪を入れて、弱火にかけて炒めます。
3.にんにくが色づいてきたらベーコン・たまねぎ・塩(少々)を加え、しんなりするまで中火で炒めます。
4.ミニトマト・トマトソース・水(20~30cc位:分量外)を加えて煮込みます。
5.茹で上がったパスタを加え、ソースの濃度を調整し、塩で味を調えます。
 ☆ソースを煮詰めながらパスタにソースを吸わせていき、とろっとさせます。
6.器に盛り、パルミジャーノレッジャーノをふって完成です。

POINT

アマトリチャーナは「アマトリーチェ」という街の名前から来ていて、ローマのパスタで、ベーコン・玉ねぎ・にんにく・トマトソース・チーズを使ったパスタです。
ローマではカルボナーラ、アマトリチャーナ、カッチョエペペ(チーズとこしょう)の順によく食べられています。
玉ねぎは冷蔵庫で冷やしておくと切るときに涙が出にくいです。
スパゲッティは1.8㎜位がおいしいです。

チコリより

 
とてもおいしそうです!ミニトマトを入れてフレッシュ感があるのも良いですね。

本日同じくアマトリチャーナが別番組でも放送されました。こちらは玉ねぎを薄くスライスして歯ごたえを残さないタイプです。ご参考になさってください。

あさイチ♪レシピ「シェフの!激うま ベーコンとトマトのパスタ」鈴木弥平さん

小崎シェフのパスタレシピ
「そら豆のニョッキ 焦がしバターのソース」はこちらです
「しらすとブロッコリーのペペロンチーノ」はこちらです
「春キャベツとアンチョビのパスタ」はこちらです
「基本のボンゴレ ビアンコ」はこちらです
「基本のカルボナーラ」はこちらです
「スパゲッティーニ・アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ」はこちらです
「スパゲッティーニ豚こまとキャベツのごま風味クリームソース」はこちらです