6月6日、テレビ東京なないろ日和「薬丸キッチン」のコーナーで放送された「ル・リール」シェフ堀知佐子さんが作る「レタスがたっぷり食べられる和のおかず」のレシピです。
レタスをたっぷりいただける和風の炒め物を塩昆布を使って調味料なしで作ります。

スポンサードリンク

レタスがたっぷり食べられる和のおかず

材料 2人分

レタス   1玉
木綿豆腐  1/4丁
塩昆布   3g
ニラ    1/2束
にんじん  20g
かつお節  2g
海苔    1/2枚

作り方

準備
・レタスは芯を除き、ひと口大にちぎります。
 ☆両手の親指で芯を押すと取れます。
・にんじんは千切りにします。
・にらは3㎝長さに切ります。
・塩昆布は細かく刻みます。
・海苔はちぎります。

1.フライパンに木綿豆腐を入れて、崩しながら炒めます。
2.にんじん・ニラ・レタス・塩昆布を加えて炒め、全体に火を通します。
3.器に盛りつけ、かつお節・海苔をのせて完成です。

POINT

レタスはほとんどが水分です。クタクタに加熱しなければビタミンCは残ります。
新鮮なものは芯の切り口から白い液体(ラクチュコピクリン)が出てきます。ラクチュコピクリンは安眠を促す働きがあるとも言われています。
強火で炒めて豆腐の水分を飛ばします。
よく混ぜて塩昆布のうまみを引き出し、調味料いらずです。
レモン汁・酢をかけてもおいしくいただけます。

チコリより

レタスは炒めることでかさが減り、一人でもいただけそうです。安くて簡単・ヘルシーなおかずです!

スポンサードリンク