1月31日、テレビ東京のなないろ日和の「薬丸キッチン」のコーナーで放送されたル・リール管理栄養士堀知佐子さんが作る「鶏むね肉とごぼうの柳川風」のレシピです。
ごぼうの香が食欲をそそるご飯においしいおかずです。

スポンサードリンク

鶏むね肉とごぼうの柳川風

材料 2人分

鶏むね肉  100g
片栗粉   適量
ごぼう   40g
三つ葉   1/3束
かまぼこ  1/4本

水     150cc
しょうゆ  大さじ1と1/2
みりん   大さじ2  

卵     3個

粉山椒   少々

作り方

1.鶏むね肉は厚みを半分にそぎ、4㎝長さに切り片栗粉をまぶします。
2.ごぼうはささがきにして水でさっと洗います。
 ☆ごぼうはさっと水で洗うだけでOKです。茶色い色はごぼうのポリフェノールです。
 ささがきはごぼうに斜めに切り目を入れ、包丁を寝かせて、ごぼうを転がしながら切ります。
3.ミツバは2㎝のざく切り、かまぼこはマッチ棒状に切ります。
4.鍋に水・ごぼう・強火にかけます。
 ☆だしは使いません。
5.沸騰したらしょうゆ・みりんを入れます。
6.鶏むね肉・かまぼこを入れます。
7.卵を軽く溶きます。(彩りよく仕上げます)
8.再び沸騰したら卵を流し入れ、三つ葉も入れます。
9.卵がふつふつしてきたら全体をさっとかき混ぜ、一瞬ふたをします。半熟状になったら火を止めます。
10.器に盛りつけ、粉山椒をかけて完成です。

POINT

ごぼうは外側の皮に栄養が多く含まれます。
外側がおいしいのであまり太いものは選ばないようにします。
強火で一気に仕上げます。

チコリより

鶏肉にまぶした片栗粉でとろとろに仕上がり、卵もふわふわです。
ご飯のお共に最高! 

スポンサードリンク