2月6日、テレビ東京のなないろ日和の「薬丸キッチン」のコーナーで放送された料理研究家関口絢子さんが作る「ひき肉とトマトのバジル炒めごはん」のレシピです。
お財布に優しいひき肉とジューシーなトマトとバジルを使ったさわやかな風味の炒めごはんです。

スポンサードリンク

ひき肉とトマトのバジル炒めごはん

材料 2人分

ご飯    2人分

豚ひき肉   160g
しめじ   1/2株
トマト   1個
バジル   1枝

ごま油   大さじ1
オイスターソース 大さじ1
おろしにんにく  小さじ1
塩    適量(小さじ1/4程度)
こしょう 適量

作り方

1.トマトは1.5㎝位の厚さに切りざく切り(ひと口大)に切ります。
 しめじは石づきを取りばらします。
2.フライパンを熱し、ひき肉・おろしにんにくを入れ中火で炒めます。
3.しめじを加えて炒めます。
4.オイスターソースを加えフライパンをあおって全体をしっかり炒めます。
5.トマト・手でちぎったバジルの葉を加えます。
6.塩・こしょうで味を調えます。
7.お皿にご飯を盛り、炒めたひき肉をのせバジルを飾って完成です。

POINT

バジルのさわやかな香りとジューシーなトマトを使うことでひき肉をワンランクアップさせます。
ひき肉は鶏でもおいしいです。
しめじはカルシウムの吸収を進めるビタミンDを含み骨にも良いです。
盛りつけたら上に目玉焼きをのせるとガパオライス風になります。

チコリより

 
冷蔵庫にいつもある材料で簡単に作れます。
やっくん「パスタにも合いそうですね」とのことです。
おしゃれなカフェメニューですね。
 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ