3月7日、テレビ東京なないろ日和「薬丸キッチン」のコーナーで放送されたル・リールシェフ堀知佐子さんが作る「出汁巻き卵」のレシピです。
卵料理の基本の「き」の卵焼き、本当のタイトルは「薬丸さんでもできる出汁巻き卵」で、誰でも作れる、っていうことなんです。

出汁巻き卵

材料 2人分

卵      3個
だし汁    50cc
片栗粉    小さじ2
薄口しょうゆ 小さじ2

大根おろし  40g

作り方

準備
1.卵をボウルに割り入れ、ときほぐします。
 ・卵は平面で割ります。2個以上使うときは小さいボウルを用意し割り、大きいボウルに移すと、卵が傷んでいたときなど被害が最小限で済みます。
 ・割った卵の殻は右利きなら左手におさめ、割る度に重ねていくようにするとかさばらずきれいに捨てることができます。
 ・卵の力を残すためにあまりかき混ぜすぎなようにします。 
2.片栗粉を出し汁で溶き、薄口しょうゆを合わせ、卵のボウルに入れ、よく混ぜます。
 ☆片栗粉に出汁を少量ずつ加えながら溶いていきます。片栗粉は一度に液体の中に入れてしまうと溶けません。
  卵のみだと出汁が出ていくので片栗粉を入れて卵の中に閉じ込めます。

焼く
1.冷たいフライパンに卵液を混ぜながら(調味料が沈殿しやすいため)1/3量流し入れ、火をつけ、くるくるかき混ぜ半熟状にしたら、巻いていきます。
2.巻いたら片側に寄せ、卵液の残りの半量を流し入れたら焼いた卵の下にも行き渡たらせ、半熟状にして巻く、を繰り返します。
3.焼きあがったら巻きすに取り、形を整えます。
4.巻きすを外し、切ったら切った面を上にして皿に盛りつけ、大根おろしを添えて完成です。

 ☆卵焼き用のフライパンがなければ丸いフライパンで焼きます。半熟状にしたらまず卵を四角く整えなが巻いていきます。
  卵液を流し入れたときに「ジュッ」と音がするときは火を弱めます。
  巻きすで形を整えるので、きれいな形にならなくてもOKです。

POINT

片栗粉で生地に弾力を持たせ、巻きすで形を整えます。
卵の卵黄に含まれる油があるので、油はひきません。
卵は完全食品ですがビタミンC だけが含まれていないので大根おろしを添えると良いです。

チコリより

 
ヤッくんが初めから終わりまで先生に教わりながら一人で作りました!
出来上がった卵焼きは全部が黄色ではなく白い部分もたくさんありました。きれいにかき混ぜすぎないのがふんわりおいしく焼くコツなんですね。

スポンサーリンク