7月12日、テレビ東京よじごじDays「長野博の”食”King」のコーナーで放送されたV6長野博さんが作る「お茶香る黒蜜ところてん」のレシピです。
濃いめにいれたほうじ茶と黒糖で黒蜜をつくり、フルーツをたっぷり添えてところてんをいただきます。

スポンサードリンク

お茶香る黒蜜ところてん

材料 2人分

ところてん   2パック

濃いめのほうじ茶 100ml(ほうじ茶大さじ4:お湯240ml)
黒糖      80g

きな粉     小さじ1
砂糖      小さじ1/2

バナナ     1/2本
さくらんぼ   2個
シャインマスカット 4粒

作り方

準備
・バナナは7~8㎜の輪切りにします。
・きな粉・砂糖を合わせて混ぜます。

1.フライパンに黒糖・ほうじ茶を入れて火にかけ、弱火で溶かし、黒蜜を作ります。
 ☆ほうじ茶は黒糖に負けないよう濃い目に入れて香りを出します。
2.ボウルにところてん・バナナを入れて和えます
3.器に黒蜜を入れ、②をのせ、砂糖を合わせたきな粉をちゃこしを通してふり入れます。
4.マスカットを周りに、さくらんぼを中央に飾って、完成です。

POINT

黒糖はミネラルやビタミンB群が豊富に含まれます。
ほうじ茶は茶葉を炒ることでカフェインが減るため胃腸に優しいお茶です。古くなった煎茶を炒ってほうじ茶に代用できます。クッキングペーパーを敷いていると焦げにくいです。

チコリより

フルーツたっぷりでところてんが豪華になりました!ほうじ茶の香りの黒蜜がおいしそうなので作ってみたいと思います。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ