7月24日、フジテレビ、ノンストップの「行列シェフのまかない家ごはん」のコーナーで放送された「オー・ギャマン・ド・トキオ」木下威征シェフの「氷トマトのフレッシュジェノバパスタ」のレシピです。氷のように凍らせたトマトをフレッシュバジルで和えた冷製ジェノバパスタにかけていただきます。

スポンサードリンク

氷トマトのフレッシュジェノバパスタ

材料 2人分

トマト     1個
ポン酢しょうゆ 1カップ
水       1カップ強

バジルの葉   1/2パック(lOg)
カッペリーニ  130g

(A)
オリーブオイル 大さじ1
にんにくのみじん切り 小さじ1
赤唐辛子    少々
塩       ひとつまみ

昆布茶     ひとつまみ
松の実またはアーモンドスライス 小さじ1(あれば)

作り方

準備
・トマトはへタを除き、湯むきします。
・バジルの葉はざく切りにします。
・赤唐辛子は種を除き、輪切りにします。
・松の実またはアーモンドスライスはフライパンで炒ります。

1.鍋にトマト・ポン酢・水を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止め、ペーパータオルを落としぶたのようにかぶせ、そのまま冷まします。
2.粗熱がとれたら、トマトをラップで包み、冷凍庫に3時間ほど入れて凍らせます。
3.カッペリーニは表示通りにゆで、ボウルに入れ、底を氷水に当てて冷まします。
4.フライパンに(A)を入れ、フライパンをゆすりながら色づくまで妙め、松の実・昆布茶を加え、③に加えてよく和えます。
 ☆塩を加えることでまろやかに炒めることができます。
5.バジル・あれば松の実を加えて混ぜます。
6.器に盛り、上からトマトをたっぷりすりおろして完成です。

POINT

トマトはポン酢を吸わせてうまみたっぷりのトマトにし、凍らせてすりおろし、フワフワな食感にします。
松の実で香りと香ばしさを、昆布茶でうまみをアップします。
ジェノベーゼはペースト状が有名になっていますが、もともとは葉を加えていて、漁師が船旅に持っていくときに塩で溶けてしまったため、ペースト状にしてジェノバソースとなりました。

チコリより

暑いときには冷製パスタがおいしいですね。トマトは凍らせておけば(②まで)いつでもすぐに作ることができますね。レタスなどの上にドレッシングとしてかけておいしそうです。

スポンサードリンク