10月4日、NHKあさイチ「解決!ゴハン」のコーナーで放送された料理研究家上田淳子さんが作る「鶏だけ炊き込むくりごはん/炒めきのこのさけごはん」のレシピです。
鶏肉をご飯と炊き込み、栗は茹でて後から混ぜて栗の風味を生かすくりごはん、きのこを炒めて水分を飛ばしてからさけと一緒に炊き込むので炊き上がりと味にぶれがないさけご飯の2種類の炊き込みごはんの作り方です。

スポンサードリンク

鶏だけ炊き込むくりごはん

材料 つくりやすい分量

米    360ml(2合)
昆布(5㎝角) 1枚
塩    小さじ2/3
鶏もも肉(皮なし) 100g
くり   10~15個

作り方

準備
・米を洗って水を切ります。
・鶏もも肉は小さめの角切りにします。

1.炊飯器に洗った米を入れ、2合の目盛りまで水を入れて30分~1時間おきます。
2.塩・昆布・鶏肉を入れて炊きます。(鶏肉を入れたら混ぜずに炊きます。)
3.くりは水からやわらかくなるまで40~50分程度ゆでて、水にとり、粗熱が取れたら半分に切って中身をスプーンで取り出します。
 ☆包丁の根元で皮に穴をあけてから切ると良いです。
4.ご飯をほぐし、くりを加えてさっくり混ぜて完成です。


スポンサードリンク

炒めきのこのさけごはん

材料 つくりやすい分量

米    360ml(2合)

しょうゆ 大さじ2
昆布(5㎝角) 1枚

生ざけ(切り身) 2切れ

しいたけ
エリンギ
しめじ  合わせて300g

サラダ油 大さじ1/2
バター  7g
細ねぎ(小口切り) 適宜

作り方

準備
・米は洗って水を切ります。
・しいたけ・エリンギは5㎜幅に切ります。
・しめじはつけ根を切り、ほぐします。

1.炊飯器に洗ったコメを入れ、2合の目盛りまで水をいれて30分~1時間おきます。
2.(1)の水をしょうゆを加える分の大さじ2を取り除いてから、しょうゆを入れ、昆布・さけの切り身をのせて炊きます。
3.フライパンを中火で熱し、サラダ油を入れ、きのこを炒めます。ときどき混ぜながら、10分ほどかけて水分を飛ばします。
4.ご飯が炊きあがったら、さけの皮と骨を取り除き、ほぐして戻します。
5.きのこ・バターを混ぜ込み、お好みで細ねぎを散らして完成です。

POINT

米の洗い方のポイント
①米をはかるときは計量カップにいれたらトントン打ちつけてきっちり量ります。
②米を洗うとき、最初に加えるお水をおいしいお水を使うとおいしく炊き上がります。
③米は精米技術が良くなり、研ぐのではなく洗います。数回水を変えて洗いますが、スポーツ飲料位の色になったらOKです。洗いすぎないようにしてうまみを残します。
④洗ったら水を切って1~2分おきます。
⑤30分から1時間水に浸します。

チコリより

炒めきのこのさけごはんがとてもおいしそうです!くりご飯はくりが崩れるのでご飯全体に混ざっておいしそうです。準備に時間がかからないのがうれしいですね。

スポンサードリンク