1月18日、NHKあさイチ「解決!ゴハン」のコーナーで放送された料理研究家渡辺あきこさんが作る「ゆずいなり&れんこんいなり」のレシピです。
油揚げを少ない煮汁で味つけ、季節のゆずやれんこんを使ったいなりずしを作ります。

スポンサードリンク

ゆずいなり&れんこんいなり

材料 8個分

油揚げ 4枚

(A)
水    カップ1/2
砂糖   大さじ2
しょうゆ 大さじ1と1/2
れんこん 40g

(B)
だし   大さじ2
酢    大さじ2
砂糖   大さじ1
塩    少々
ゆずの皮 3㎝四方
白ごま  小さじ1
温かいご飯 300g(米約1合分です)

(C)
酢    大さじ1と1/2
砂糖   大さじ1
塩    小さじ1/2

作り方

1.油揚げは半分に切り、菜箸を押しつけて転がしてから、袋状に開きます。
 ☆豆腐の部分がつぶれて開きやすくなります。
2.熱湯で油揚げを1分ほどゆでて、粗熱をとってから手のひらではさみ、水けをしぼります。
 ☆木べらで押さえながら茹でます。菜箸だと穴が開いたりしやすくなります。茹でることで油分が落ち、味が入りやすくなります。
  また水気を絞ったらざるに重ならないように広げて並べます。油揚げは冷めると形が固まってしまうため包みにくくなります。、
3.フライパンに(A)を入れて沸騰させ、(2)をすべて並べ入れたら一度裏返し、落としぶたをして中火で煮ます。
 ☆油揚げを入れたら、すぐに上下を返すと味が均一に入ります。
4.2分ほどしたら、もう一度裏返し、再び落としぶたをして、汁がなくなるまで煮つめます。
5.油揚げをバットに平らに広げて並べ、粗熱を取ります。
6.具材を準備します。
 ・れんこんは皮をむいて、薄いいちょう形に切り、熱湯で3分ゆで、ざるに上げて冷まし、合わせた(B)に10分漬けます。
 ・ゆずの皮は白い部分をそぎ落とし、熱湯で5~10秒くらいゆで、みじん切りにします。
7.温かいご飯に合わせた(C)を混ぜ、半量ずつに分けます。
 ☆れんこんを混ぜる方を少なめにすると良いです。ご飯は冷めるとかたくなるので水かげんを普通に炊いたご飯でOKです。
8.片方にゆずと白ごまを、もう一方には汁けをきったれんこんを混ぜます。
 ☆ゆずと白ごまは散らすように加えるとあまり混ぜなくて済みます。
9.それぞれを4等分し、ラップに包んで俵型に成形します。
10.油揚げの汁けを軽くしぼり、すし飯を詰めます。
  ・半分にれんこんを入れたご飯を詰めて形をととのえます。
  ・半分は油揚げを裏返し、ゆずを入れたご飯を詰めて形をととのえます。
  ☆油揚げを絞った汁がたくさんあるときは仕上げに油揚げに塗るとツヤも出て良いです。

POINT

夏はゆずの代わりに青じそを入れると良いです。

チコリより

いなり寿司は大好きでよく作りますが、このレシピは煮汁が少なく、煮る時間も短いので作りやすそうです。次回はぜひこのレシピでつくてみたいと思います。

スポンサードリンク