1月25日、NHKあさイチ「解決!ゴハン」のコーナーで放送された料理研究家小林まさみさんが作る「ほうれんそう・厚揚げ・豚肉のうま煮」と小林まさるさんが作る「ほうれんそうとツナのあえ物」のレシピです。
ほうれん草と厚揚げ・豚肉を煮てとろみをつけたうま煮とほうれん草とツナ・玉ねぎの和え物を作ります。

スポンサードリンク

ほうれんそう・厚揚げ・豚肉のうま煮

材料 2人分

ほうれんそう 1束(200g)
厚揚げ(絹)  1枚(200g)

豚こま切れ肉 150g
片栗粉    小さじ1

(A)
だし     カップ1と1/4
砂糖     大さじ1
塩      少々
酒      大さじ1
しょうゆ   大さじ1と1/2
ごま油    大さじ1

(B)
片栗粉    小さじ1~1と1/2
水      小さじ2~3

(C)
練りがらし  小さじ2
水      小さじ1

作り方

準備
・ほうれんそうは根を切り落とし、根元に十文字の切り込みを入れてから洗い、茎と葉を4㎝長さに切り、根元は手でさきます。
 ☆根元についた土が落ちやすくなります。
・厚揚げは油分をペーパータオルで拭き、1㎝幅に切ります。

1.フライパンにたっぷりの湯を沸かし、ほうれんそうの根元→茎→葉の順に加え、さっと混ぜたらすぐにざるに取り、広げて粗熱を取ります。
 ☆後で煮るので茹ですぎに注意します。茹でた後は甘みと風味を残すために水にさらしません。
2.フライパンを拭き、強めの中火でごま油を熱し、豚肉を加えて色が半分変わるくらいまで炒めます。
3.(A)を加え、ひと煮立ちさせ、アクがでたら除きます。
4.厚揚げを加え、ひと煮立ちしたらふたをして、弱火で5分間ほど煮ます。
5.水けを絞ったほうれんそう・混ぜ合わせた(B)を加え、器に盛り、混ぜ合わせた(C)を添えて完成です。

POINT

練りからしを加えると味がしまります。
皿うどんの麺に具材を少し細かく切って作ったものをかけていただくのもおいしいです。


スポンサードリンク

ほうれんそうとツナのあえ物

材料 2人分

ほうれんそう 1束(200g)
ツナ(缶詰・油漬け) (小)1/2缶(35g)
たまねぎ   30g
しょうゆ   小さじ1と1/2
塩      少々

作り方

準備
・ほうれんそうは根を切り落とし、根元に十文字の切り込みを入れてから洗い、茎と葉を4㎝長さに切り、根元は手でさきます。
 ☆根元についた土が落ちやすくなります。
・玉ねぎは薄切りにし、塩を混ぜ、5分おいて水けを絞ります。

1.鍋にたっぷりの湯を沸かし、、ほうれんそうの根元→茎→葉の順に加えて混ぜ、ひと煮立ちしたらざるに取り、広げて粗熱を取ります。
2.ボウルにツナ・玉ねぎ・水けを絞ったほうれんそう・しょうゆを入れて和え、器に盛って完成です。

チコリより

同じようなものを小松菜で作ったことはありますがほうれん草だとやわらかいのでおいしそうです。ほうれん草にからしやわさびがよく合い、私はおひたしを作るときにだしに合わせて使っています。
和え物も作るのですが玉ねぎを入れるとさらにおいしそうです!どちらも是非作りたいと思います。

スポンサードリンク