8月30日、NHKきょうの料理で放送された料理研究家栗原はるみさんが作る「きゅうりの甘酢サラダ」のレシピです。
ほぐしたツナとしょうがをのせた、パリパリしたきゅうりの食感がおいしいケーキのようなサラダです。甘酢でさっぱりといただきます。

スポンサードリンク

きゅうりの甘酢サラダ

材料 ごま味・ねぎ味ともに3~4個分

きゅうり  4本(400g)
ツナ(缶詰・水煮・小) 1缶(55g)
しょうが  30g

(A)
酢     カップ1/2
砂糖    大さじ2
塩     小さじ1/2
すだちの搾り汁 大さじ1
塩     小さじ1

作り方

準備
・きゅうりは両端を落とし、縦半分に切り、スプーンで種を丁寧に取り、3mm幅の斜め切りにし、ボウルに入れ、塩をまぶして5~10分間おきます。
 ☆きゅうりの種を丁寧に取り除くこと、水けをしっかり絞ることが、おいしさにつながる。
・ツナは汁けをよくきり、丁寧にほぐしてフワフワにします。
・しょうがは細いせん切りにします。
・(A)を合わせ、砂糖と塩が溶けるまで混ぜます。

1.きゅうりをさらしで包み、しっかり水けを絞ります。
2.器にきゅうりを丸く盛り、ツナ・しょうがを順にのせます。
 ☆ケーキのように盛りつけます。
3.甘酢を縁から回しかけて完成です。

POINT

サラダも甘酢も冷蔵庫で冷やしておくと、さらにおいしくなります。
きゅうりは種を除くことで食感が良くなります。

チコリより

簡単なサラダですがさっぱりいただけるのと見た目もおしゃれでお客様が来たときにも作っています。

スポンサードリンク