9月21日、NHKきょうの料理で放送された料理研究家大原千鶴さんが作る「さんまサラダ」のレシピです。
さんまに小麦粉をまぶし外はパリッとなかはふっくら焼き、サラダ仕立てにします。

スポンサードリンク

さんまサラダ

材料 2人分

さんま(三枚におろしたもの) 1匹分
塩      少々
こしょう   少々
小麦粉    適量
オリーブオイル 小さじ2

にんにくの薄切り 4~5枚

ブーケレタス・サニーレタス 合わせて100~150g
紫たまねぎ  少々
パプリカ(赤・黄) 少々

(A)たまねぎドレッシング
玉ねぎのすりおろし 大さじ1/2
米酢     大さじ1
サラダ油   大さじ1
みりん(煮切ったもの) 大さじ1
塩      小さじ1/2

作り方

準備
・レタスは食べやすくちぎります。
・紫たまねぎは横に薄切りにして水にさらす。
・パプリカは横に薄切理にします。
・さんまは長さを半分に切って、塩・こしょう(各少々)をふり、薄く小麦粉をまぶします。
・(A)を混ぜ合わせます。みりんはラップなしで600Wの電子レンジで30秒加熱するとよいです。

2.フライパンににんにく・オリーブオイル(小さじ2)を入れて弱火にかけ、香りがたったらにんにくをペーパータオルの上に取り出します。
3.皮を下にして入れて強火にし、皮がパリッとしたら裏返し、中火にして火を通します。
 ☆さんまは皮がパリッと焼けていないと臭みが残ります。
4.取り出してペーパータオルを敷いたバットにのせ、余分な油を切ります。
 ☆魚臭い油を紙に吸わせます。
5.器に野菜を盛り、さんまをのせ、上ににんにくをのせ、ドレッシングをかけて完成です。よく混ぜていただきます。

POINT

さんまは小麦粉をつけてうまみをとじこめます。
にんにくとたまねぎで臭みを消します。

チコリより

さんまは身が薄いので焼き時間が短くすぐに作れるのがうれしいですね。

スポンサードリンク