9月21日、NHKきょうの料理で放送された料理研究家大原千鶴さんが作る「さんまの味噌汁」のレシピです。
塩焼きしたさんまを味噌と合わせてほぐし、しろ菜と合わせてみそ汁のします。

スポンサードリンク

さんまの味噌汁

材料 2人分

さんまの塩焼き 1匹分
しろ菜  1ワ(300g)

みそ   50g

青ねぎの小口切り 適量
粉とうがらし(中引き) 適量

作り方

準備
・しろ菜はサッとゆでて水にとり、4㎝長さに切って水けを絞ります。
・さんまの塩焼きは骨・皮・内臓を除き、身を粗くほぐします。
1.鍋にさんまを入れ、みそを加えて手でもみほぐします。
 ☆みそがなじんで魚の臭みがなくなり、また魚がほぐれてだしが出やすくなります。
2.しろ菜を加え、全体を手でよくなじませます。
3.水(カップ3と1/2・分量外)を加えてよく混ぜ、中火にかけます。沸騰したら弱火にし、ふたを少しずらしてのせて15~20分、しろ菜がくったりするまで煮ます。
4.碗によそい、青ねぎと粉とうがらしをのせて完成です。

さんまの塩焼きの作り方

①さんまは頭を落として半分に切り、塩小さじ1/2を全体にふって10分おきます。
②さんまは魚焼きグリルの強火で焼き、全体にこんがり焼き色がついたら取り出します。
 ☆内臓はそのまま焼いて食べるとおいしいですが、苦手な場合は取り除きます。

POINT

しろ菜は白菜や青梗菜にかえてもOKです。くたくたになるまで煮ます。

チコリより

お味噌汁ですがとても面白い作り方ですね。深い味わいがあるそうです。一度作ってみたいです。

スポンサードリンク