10月2日、NHKきょうの料理で放送された料理研究家本田明子さんが作る「れんこんと豚肉の照り煮」のレシピです。
厚く輪切りにしたれんこんを茹でて豚肉を加えて甘辛味の照り煮にします。

スポンサードリンク

れんこんと豚肉の照り煮

材料 2~3人分

れんこん 250~300g
豚薄切り肉(肩ロース又はバラ) 150g 

(A)
みりん  大さじ3
しょうゆ 大さじ1と1/2

溶きがらし 適量

作り方

準備
・れんこんは薄く皮をむいて、1cm厚さの輪切りにし、たっぷりの水につけてザブリと洗い、水けを切ります。
・ボウルに(A)を合わせ、食べやすい長さに切った豚肉を入れて絡ませます。

1.鍋に入れ、水カップ2(れんこんのがちょうど浸かるくらい)を加えて強めの中火にかけ、フツフツとしてきたらふたをして中火にし、10分ほど茹でます。
 ☆れんこんは平らに並べます。ふたをしてしっかり火を通します。柔らかいれんこんが好みなら、弱めの中火で20分くらい茹でます。
2.れんこんが好みの柔らさになったらふたを取り、豚肉をれんこんの上に1枚ずつのせ、ボウルに残った調味料も豚肉の上から加え、そのままさわらずにふたをして、中火で3~5分煮ます。
 ☆鍋にれんこんのゆで汁が残っていてもOKです。捨てずに肉を加えます。
3.肉に火が通ったら、ふたを取って火を強め、汁けがなくなるまで混ぜて味をからめます。
 ☆菜箸は反対側を使うと混ぜやすいです。
4.火を止め、食べる直前までふたをして、余熱で味を含ませます。(5分以上おきます)
5.器に盛って、溶きがらしを添えて完成です。

POINT

れんこんは食べごたえのある輪切りで形と食感を楽しみます。

チコリより

厚く切ってお出汁を使わずに煮るので、れんこん本来の味を楽しむことができますね。

スポンサードリンク