10月5日、NHKきょうの料理で放送された料理研究家土井善晴さんが作る「栗ジャム」と「栗ジャムのからみ餅」のレシピです。
ゆでた栗に砂糖を加えて栗ジャムを作ります。また白玉だんごを作って栗ジャムを絡めるからみ餅も作ります。

スポンサードリンク

栗ジャム

材料 つくりやすい分量

栗    500g
砂糖   170g

作り方

準備
1.栗は鬼皮ごと大きな鍋で水からゆで、柔らかくなるまで30分~1時間ほど茹でます。ざるに上げて布巾をかけ、粗熱を取ります。
 ☆栗の鮮度によってゆで時間が変わります。食べてみてやわらかければOKです。
2.(1)を縦半分に割って身をかき出し、鍋に入れます。
3.砂糖・熱湯(カップ1/4・分量外)を加えて中火にかけ、煮立ったら木べらで混ぜながら煮詰めます。
4.鍋底に筋が残るくらいになれば完成です。

栗ジャムのからみ餅

材料 2~3人分

栗ジャム 上記全量

白玉粉  100g
水    カップ1/2

作り方

1.鍋に湯を沸かします。
2.ボウルに白玉粉を入れ、分量の水を少し残して加え、手で混ぜてなじませます。様子をみて、残りの水をごく少量ずつ加えます。
3.粉けがなくなり1つにまとまったら、さらによくこねます。粉と水分がなじんで耳たぶくらいの柔らかさになればOKです。
 ☆こねているうちに水が粉に浸透して柔らかくなってくるので、必要最少量の水分で生地をまとめます。もし柔らかくなりすぎたら、布巾で包んで水けを取ります。
4.直径1.5~2㎝に丸め、火を止めた(1)の湯に次々と入れていき、全部入れたら火をつけます。
 ☆大k差はバラバラでもOK、形もすこしいびつになってもOKです。
5.湯の表面が静かに動くくらいの火加減でゆで、ゆで上がれば浮き上がってくるので、水にとって表面のぬめりを洗い落とし、冷水に移してしめます。
6.白玉を固く絞ったぬれ布巾に取り出し、水けを取ります。
7.栗ジャムに白玉を加えてからめます。
てからめる。


スポンサードリンク

栗ジャムのおはぎ

材料 8~9個分

冷ごはん  200g
栗ジャム  上記150g
青のり粉  適宜

作り方

1.冷ごはんをすり鉢に入れ、すりこぎでご飯の粒が半分残るくらいまでつきます。
2.手を水で少し湿らせ、8~9等分にして丸くまとめます。
3.かたく絞ったさらしに栗ジャム(適量)を広げ、(2)を1個のせて茶巾に絞ります。
4.青のり粉をまぶす場合はご飯で栗ジャムを包み、表面に青のり粉をまぶします。

POINT

栗ジャムは冷蔵庫で3~4日間保存可能です。

チコリより

からみ餅おいしそうです。早速作ります!

スポンサードリンク