3月6日、NHKきょうの料理で放送された料理研究家重信初江さんが作る「新じゃがと牛肉のマスタード炒め」のレシピです。
みずみずしくあっさりとした新じゃがいもとコクのある牛肉がベストマッチ!粒マスタードの程よい辛みや酸味、ウスターソースのスパイシーな風味でご飯がすすみます。

スポンサードリンク

新じゃがと牛肉のマスタード炒め

材料 2~3人分

新じゃがいも…4個(約350g)
牛切り落とし肉 150g

菜の花  1/2ワ(約lOOg)
塩    少々

サラダ油 小さじ1

(A)
粒マスタード 大さじ1/2
ウスターソース 大さじ1
しょうゆ 小さじ1

作り方

準備
・じゃがいもはよく洗い、水けを拭かずに1個ずつラップで包み、600Wの電子レンジで3分加熱し、上下を返してさらに1分加熱します。
 竹串がスッと通るようになったら、粗熱を取ってラップを外し、ひと口大(1/4に切ります)に切ります。
 ☆じゃかいもは洗ってぬれたままラップで包んで電子レンジにかけると、ホックリと蒸された状態になります。
・菜の花は根元をl㎝ほど切り落とし、熱湯に塩(少々)を加えて菜の花を茎から入れ、全体を沈めたらすぐ冷水にとり、水気を絞って、長さを半分に切ります。
・牛肉は長ければ食べやすく切ります。

1.フライパンにサラダ油を強めの中火で熱し、じゃがいもを焼きつけるようにして2分ほど炒めます。
2.全体に焼き色がついたら牛肉を加え、ほぐしながらサッと炒めます。
3.肉の色が半分くらい変わったら 菜の花を加えて混ぜ、菜の花が温まったら(A)を順に加えて手早く炒め合わせ、器に盛って完成です。

POINT

新じゃがは電子レンジで加熱してから炒めると調理時間を短縮できます。
「きょうの料理」3月号テキスト表紙に掲載されているお料理です。

チコリより

ついお醤油味で炒めてしまいますが、スパイシーに、また粒マスタードの酸味と粒々の食感が加わっておいしそうです。

スポンサードリンク