3月12日、NHKきょうの料理で放送された料理研究家冨田ただすけさんが作る春の”朝”たま(卵)レシピ「ゆで卵の力レー照り焼きソース」のレシピです。
ゆで卵と野菜を力レー風味の照り焼きにします。ご飯にもパンにもよく合います。

スポンサードリンク

ゆで卵の力レー照り焼きソース

材料 2人分

卵    2個
にんじん 1/4本
さやいんげん 40g

(A)
しょうゆ 大さじ1と1/3
みりん  大さじ1
砂糖   小さじ2
カレー粉 小さじ2/3

サラダ油 小さじ1

作り方

準備
・にんじんは4~5cm長さの太めの細切りにします。
・いんげんはへタを切り落とし、4~5㎝長さに切ります。

1.ゆで卵をつくります。
 鍋に湯を沸かし、沸いたら弱めの中火にし、冷蔵庫から出した卵を入れ、9分間ゆで、水をはったボウルに移して殻をむき、縦半分に切り、器に盛ります。
2.フライパンにサラダ油を中火で熱し、にんじん・いんげんを入れて1分30秒ほど炒めます。
3.(A)を順に加えて炒め、火を少し弱めて約2分間煮詰めます。
4.卵を盛った器に炒めた野菜をのせ、卵とやさいに残ったソースをかけて完成です。

POINT

ゆで卵は沸いた湯に冷たい卵を入れます。卵と湯の状態が常に同じなのでゆで時間もいつも同じに作れて簡単です。
少し煮詰めてソースにコクを出します。
にんじんといんげんのかわりに、玉ねぎときのこでもおいしいです。

チコリより

マヨネーズを少しかけていただいてもおいしいそうです。

スポンサードリンク