3月12日、NHKきょうの料理で放送された料理研究家冨田ただすけさんが作る春の”朝”たま(卵)レシピ「薄焼き卵のコールスロー」のレシピです。
前日に作って味がなじんだキャベツに薄焼き卵を加えてコールスローを作ります。

スポンサードリンク

薄焼き卵のコールスロー

材料 2人分

薄焼き卵
卵    2個
塩    2つまみ
砂糖   小さじ1/2
サラダ油 小さじ1/2

コールス口ー(作りやすい分量)
キャベツ 300g

(A)
マヨネーズ 大さじ4と1/2
酢    大さじ2
砂糖   小さじ1
塩    小さじ1/5
こしょう 少々

作り方

1.薄焼き卵を作る
①ポワルに卵を割り入れ、砂糖・塩を加えてしっかり混ぜます。
 ☆卵白を切るようにしっかり混ぜます。丁寧に作るときは卵液をザルで濾します。
②フライパン(直径26㎝)にサラダ油を中火で熱し、卵液を流し入れ、フライパンを傾けて全体に広げます。
 ☆直径26㎝で作ると少し厚みのある薄焼き卵になります。
③卵液が動きにくくなったら火を止め、ふたをして2分蒸らします。


2.コールスローを作る

・キャベツは約3㎝幅のせん切りにします。

1.大きめのボウルに(A)を合わせ、キャベツを加えてあえます。
2.保存容器に移して冷蔵庫に一晩おき、味をなじませます。
3.薄焼き卵は食べやすい長さに切り、約5㎜幅に切り、ボウルに入れ、(2)を1/3~1/22量を加えて混ぜ合わせ、器に盛って完成です。

POINT

薄焼き卵は焼くときに裏返さずふたをして蒸らすので簡単にきれいに作ることができます。
コーン・ハム・ツナを加えてもOKです。
冷蔵庫で2~3日保存可能です。

チコリより

キャベツは塩もみしないので簡単ですね。キャベツと卵の色合いがきれいですね。

スポンサードリンク