3月26日、NHKきょうの料理で放送された料理研究家ほりえさわこさんが作る「いちご白玉」のレシピです。
白玉粉にいちごを加えてつぶしながらこね、ゆでてコンデンスミルクをかけていただきます。いろいろな形を作って楽しみましょう!

スポンサードリンク

いちご白玉

材料 つくりやすい分量

いちご  1パック(250~300g)
白玉粉  100g

コンデンスミルク 適量

作り方

準備
・いちごは洗ってへタを切り落とし、120gをはかり、残りは縦四つ割り切ります。

1.ボウルにいちご120g・白玉粉を入れ、いちごを手で握りつぶしながらなめらかになるまでこねます。
 ☆生地がかたければ様子を見ながら水(少量)を加え、やわらかければ片栗粉(少量・分量外)を加え、粘土くらいのかたさにまとめます。
2.生地を適当な長さの棒状にのばし、ひと口大にちぎってバットなどに並べ、丸めたり、ハートや星星形、渦巻きなど、好きな形に成形します。
3.鍋に湯を沸かして白玉をゆでます。浮き上がってから1~2分したら、網ですくって氷水にとって冷やし、水気を切ります4.
4.器に水けをきった白玉と四つ割りにしたいちごを盛り、コンデンスミルクをかけて完成です。

POINT

いちごの水分で白玉粉をまとめるので、水っぽくならずいちごの風味がしっかり入ります。

チコリより

こねこねするのが大好きなお子様にぴったりのメニューですね。いちごの水分で白玉粉をこねるのでいちごの香りが口いっぱいに広がりそうです。

スポンサードリンク