7月8日、日本テレビキューピー3分クッキングで放送された料理研究家花野敬子さんが作る夏の週末カレー「フィッシュフレンチカレー」のレシピです。
フランス料理の代表的な魚のだし「フュメ ド ポワソン」を鯛を使ってさっぱり味のカレーを作ります。

スポンサードリンク

フィッシュフレンチカレー

材料 4人分

フュメ ド ポワソン
鯛(刺身用)  2~3さく(500g)
小麦粉    適量
玉ねぎ   1/3個(70g)
セロリ   40g
トマト   1個(210g)
生マッシュルーム 6個

(A)
ローリエ  1枚
タイム   2本
セロリの細い茎 少々

バター   5g
白ワイン  1カップ
水     3カップ

カレールウ
バター   25g
小麦粉   15g
カレー粉  10g

生クリーム 大さじ2
ハーブ ド プロバンス 小さじ1

フレッシュハーブ(ディル、チャイブ、セルフィーユなど) 適量

塩     少々
こしょう  少々

作り方

準備
1.フュメ ド ポワソンを作る
・セロリは筋を除き、1.5㎝角に切ります。
・玉ねぎ・トマトは1~1.5cm角に切ります。
・マッシュルームは汚れをふき、薄切りにします。
・(A)は一緒にお茶パックに入れます。
・鯛は1さくを3等分くらいの大きさに切ります。
・フレッシュハーブはざく切りにします。

①鍋にバターを溶かし、玉ねぎ・セロリ・トマト・マッシュルームを加えて中火で炒めます。
 ☆全体にしんなりして汁が出てきたらOKです。
②白ワインを注ぎ、火を強めてグツグツさせ、(A)を加えて、弱めの中火で5分ほど煮てアルコール分を飛ばします。
③分量の水を加え、煮立ってアクが浮いていたらすくいとり、煮汁が3/4量くらいになるまで弱めの中火で15分ほど煮つめます)。
④鯛の両面に小麦粉を薄くふって余分な粉を落として加え、鯛に弾力がでるまで弱火で5分ほど煮て火を通します。
 ☆小麦粉をつけると煮崩れません。
⑤鯛・野菜・お茶パックを網じゃくしでとり出して塩少々をふり、アルミ箔などをかぶせて保温しておきます。残った汁は濾します。

2.カレールウを作る
①別の鍋にバターを溶かし、小麦粉を加えて木ベラで炒め、火が通ったらカレー粉を加えて炒めます。
②フュメ ド ポワソンを温めて加え、手早く泡立て器でよく混ぜてなめらかにのばします。
③取り分けた野菜を加え、生クリーム・ハーブ ド プロバンス・塩・こしょうを加えて火からおろして混ぜます。
④鯛を器に盛り、カレーをかけ、フレッシュハーブをのせます。バゲットなどを添えていただきます。

POINT

ハーブ ド プロバンス(エルブ ド プロバンス)はフランス・プロバンス地方で取れるタイム・セージなどのハーブを乾燥させ、数種類をミックスしたものです。
仕上げにのせるハーブはお好みのものでOKですがディルは必ずのせると良いです。

チコリより

材料がそろえば簡単に作れそうです。お魚のスープが効いたカレーもおいしそうですね。お出汁でとった鯛やお野菜が具になるので家庭的で良いと思います。

スポンサードリンク