8月22日、日本テレビキューピー3分クッキングで放送された料理研究家田口成子さんが作る「白身魚の寒天寄せ」のレシピです。
白身魚を野菜とともに寒天寄せにします。魚と野菜はだしで煮て下味をつけて固めるとおいしく仕上がります。

スポンサードリンク

白身魚の寒天寄せ

材料 4人分(14×11cm×高さ5cmの容器約600ml 1台分

白身魚(刺身用・鯛など) 100g
塩     少々
酒     小さじ2

(A)
だし汁   1カップ
塩     少々
しょうゆ  少々

寒天液
粉寒天   5g
だし汁   3カップ
塩     小さじ2/3
しょうゆ  小さじ2/3
みりん   小さじ2

(B)
木くらげ(乾燥) 2g
にんじん  1/5本(30g)
オクラ   2本(20g)

おろしわさび 適量

作り方

準備
・白身魚は薄いそぎ切りにし、塩・酒をふって10分ほどおきます。
・木くらげは水でもどし、洗って石づきを除き、せん切りにします。
・にんじんはせん切りにします。
・オクラはガクのまわりをぐるりとむき、塩(少々・分量外)をふってもみ、洗って小口切りにします。

1.鍋に(A)を入れて温め、白身魚をさっと煮て、火が通ったらとり出します。
2.続けて(B)を入れ、にんじんがやわらかくなるまで2~3分煮て取り出し、汁気をきります。
3.寒天液を作ります。
 ①別の鍋に寒天液のだし汁を入れ、粉寒天をふり入れて混ぜ、粉寒天が溶けたら火をつけて混ぜながら煮ます。
 ②煮立ったら塩・しょうゆ・みりんを加えてさらに混ぜながら2分ほど煮溶かし、火を止めて粗熱をとります。
4.容器は一度ぬらして水気をきり、寒天液の2/3量を流し入れます。
5.木くらげ・にんじん・オクラを加え、軽くほぐして全体に行き渡らせ、上に白身魚を並べます。
6.残りの寒天液を流し入れ、気泡があればスプーンで除きます。
 ☆寒天液が固まってしまったら、弱火にかけて煮溶かします。
7.氷水をはったバットに入れて表面を冷やし固めてから、冷蔵庫で30分ほど冷やします。
8.容器からとり出し、8等分に切って器に盛り、おろしわさびを添えて完成です。

POINT

魚や野菜をだし汁で下煮をしてから寒天液で固めます。

チコリより

見た目に涼しそうで夏の和風のおもてなしにピッタリですね!

スポンサードリンク