10月3日、日本テレビキューピー3分クッキングで放送された料理研究家藤井恵さんが作る「ふりかけ2種」のレシピです。
バターを加えてコクと風味をプラスした「たらことにんじんのふりかけ」と干し椎茸でうまみをプラスした「高野豆腐のふりかけ」の2種を作ります。

スポンサードリンク

ふりかけ2種

たらことにんじんのふりかけ

材料 作りやすい分量

(A)
たらこ  1腹(80g)
酒    大さじ2

にんじん 2本(280g)
塩    小さじ1/3
バター  10g

作り方

準備
・にんじんは長さを2~3等分し、スライサーで細切りにします。
・たらこは薄皮を除き、酒と混ぜておきます。

1.フライパンに油(大さじ1/2)を熱し、にんじんを入れてしんなりするまでじっくり炒めます。
2.やわらかくなったら塩をふり、(A)を加えて炒りつけ、たらこに火が通って白っぽくなるまで炒めます。
 ☆ニンジンはじっくり炒めると甘みが引き立ち、甘い香りがします。
3.仕上げにバターを加えて混ぜます。

高野豆腐のふりかけ

材料 作りやすい分量

高野豆腐 2枚(32g)
干し椎茸 4枚(20g)

(B)
だし汁(干し椎茸のもどし汁と合わせて) 1カップ
しょうゆ 大さじ1と1/2
砂糖   大さじ1
酒    大さじ1と1/2

作り方

準備
・干し椎茸は水1/2カップにつけてやわらかくもどし、軸を切り落とし、みじん切りにします。
 もどし汁にだし汁を加えて1カップをはかります。。
・高野豆腐は、熱湯を直接まわしかけ、もどし、粗熱がとれたらしっかりと水気を絞り、細かくポロポロにほぐします。
 ☆高野豆腐は熱湯で戻すと崩しやすくなります。

1.鍋に戻した椎茸・高野豆腐を入れ、(B)を加えて火にかけ、ときどき混ぜながら、煮汁がほぼなくなるまで煮ます。
 ☆木べらで押すとギュっと汁気が出るくらいまで煮ます。

POINT

どちらも冷蔵庫で4~5日保存可能です。

チコリより

どちらも作り置きしておくと便利ですね。乾燥したふりかけよりご飯も進みそうです。

スポンサードリンク