12月6日、日本テレビキューピー3分クッキングで放送された料理研究家小林まさみさんが作る「揚げ手羽と里芋のポン酢がらめ」のレシピです。
素揚げにした鶏手羽中と片栗粉をまぶして揚げた里芋を手作りのポン酢しょうゆをからめます。

スポンサードリンク

揚げ手羽と里芋のポン酢がらめ

材料 4人分

鶏手羽中 12本(500~550g)

里芋   6~8個(600g)
片栗粉  大さじ3

ポン酢しょうゆ
みりん  1/3カップ
しょうゆ 大さじ3
かぼすの絞り汁 大さじ2(かぼす2~3個分・足りなければ酢を足します)

揚げ油  適量

作り方

準備
・鶏手羽中は水気をふき、骨に沿って1本切り込みを入れる。
・里芋は上下を少し切り、縦に皮をむいて1.5~2cm厚さの輪切りにし、耐熱皿に広げてふんわりとラップをかけ、500Wの電子レンジで8分かねつし、粗熱がとれたらペーパータオルで水気をふきます。
 ☆耐熱皿の水分もふくとよいです・
・かぼすはボウルにざるをのせて絞ります。

1.ポン酢しょうゆを作ります。小鍋にみりんを入れて中火にかけてひと煮立ちさせてアルコール分を煮切り、しょうゆ・かぼすの絞り汁を加え、さっと煮て火を止めます。
2.フライパンに2cm深さの油を入れて170℃に熱し、手羽中を入れて7~8分こんがりと揚げます。
3.里芋をポリ袋に入れ、片栗粉を加え、袋をふって里芋にまぶします。
4.里芋を油に入れて4~5分揚げます。
5.大きなボウルに鶏手羽中・里芋を入れ、ポン酢しょうゆをかけて全体にからめ、粗熱をとります。

POINT

里芋は洗って表面を乾かしてから皮をむくと切り易いです。
里芋は片栗粉をまぶして揚げると味がしっかりからんで、とろみがつきます。
手羽先を使ってもOKです。
かぼすはゆずやすだちに代えてもOKです。

チコリより

里芋にまぶした片栗粉で全体にとろみがついておいしそうです。

スポンサードリンク