12月13日、日本テレビキューピー3分クッキングで放送された料理研究家田口成子さんが作る「鶏肉のワイン蒸し ビーツマヨソース」のレシピです。
缶詰のビーツを使ってピンク色のマヨネーズソースを作り、鶏肉のワイン蒸しにかけていただきます。「ビーツとプルーンのバルサミコ漬け」を一緒に作ります。

スポンサードリンク

鶏肉のワイン蒸し ビーツマヨソース

材料 4人分

鶏胸肉  2枚(500g)
塩    小さじ1
白こしょう 少々

玉ねぎ  1個(200g)
にんじん 1/2本(80g)

(A)
オリーブオイル 大さじ1
白ワイン 1/2カップ
水    1/4カップ

(B)ビーツマヨソース
ビーツ(缶詰・スライス) 100g
マヨネーズ 大さじ3
牛乳   大さじ1
塩    少々

イタリアンパセリの粗みじん切り 少々

作り方

準備
・鶏肉は脂を除き、厚い部分に切り目を入れ、塩・白こしょうをふります。
・玉ねぎは縦半分にし、さらに縦に薄切りにします。
・にんじんは斜めに薄切りにしてからせん切りにします。
・ビーツは汁気をきり、7~8mm大に切ります。

1.フライパンに玉ねぎ・にんじんを入れて広げ、鶏肉の皮目を下にしてのせます。
2.(A)のオリーブオイルを鶏肉にまわしかけ、、白ワイン・水は野菜にかけてふたをし、弱めの中火で15分ほど蒸し煮にします。
3.ビーツマヨソースを作ります。(B)のマヨネーズ・牛乳を混ぜ、ビーツ・塩を加えてよく混ぜます。
4.(2)の野菜を器に広げるように盛ります。
5.鶏肉は1cm幅のそぎ切りにし、野菜の上にのせ、ビーツマヨソースをかけ、イタリアンパセリを散らして完成です。

POINT

ビーツはロシア料理ボルシチに欠かせない野菜で、身が赤く、鉄分が豊富に含まれます。
せん切りの野菜を下にしてその上に鶏肉をのせることで、鶏肉がフライパンにくっつくのを防ぎ、白ワインなどの水分とともに野菜の水分で蒸し煮にします。


スポンサードリンク

ビーツとプルーンのバルサミコ漬け

材料 4人分

ビーツ(缶詰・スライス) 150g
プルーン(種抜き) 6個(120g)

紅茶の葉  小さじ1
熱湯    1カップ

(C)
はちみつ  小さじ1
バルサミコ酢 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
塩     少々

作り方

準備
・ビーツは汁気をきり、3~4mm厚さのいちょう切りにします。

1.紅茶の葉に分量の熱湯を注ぎ、2分ほどおいて茶葉をこします。
2.熱い紅茶液にプルーンをつけ、冷めるまでおき、汁気をよくきって半分に切ります。
3.ボウルに(C)を合わせ、プルーン・ビーツを加えて混ぜます。
4.30分以上おいたら完成です。

 ☆冷蔵庫で2~3日保存可能です。
  ワインにぴったりのおつまみです。クラッカーやクリームチーズといっしょにどうぞ。

チコリより

鶏肉を野菜とともにさっぱりといただけそうです。ビーツは栄養が豊富で、また缶詰なら手軽なので是非使いたいですね。

スポンサードリンク