3月24日、日本テレビキューピー3分クッキングで放送された料理研究家若山曜子さんが作る「レモンスクエア」のレシピです。
目が覚めるような甘酸っぱさがおいしい焼き菓子です。アメリカではレモンバーと呼ばれる焼き菓子を作ります。

スポンサードリンク

レモンスクエア

材料 15×15cmのスクエア型(底が抜けるもの)1台分

生地
薄力粉  70g
粉砂糖  大さじ2
レモン(国産)の皮のすりおろし 1/2個分
バター(食塩不使用) 60g
ポピーシード 小さじ1

フィリング
薄力粉  大さじ1
ベーキングパウダー 小さじ1/4
レモン汁 大さじ2と1/2
卵    1個
グラニュー糖 60g
レモン(国産)の皮のすりおろし 1/2個分

打ち粉(強力粉)

作り方

準備
・バターは1cm角に切り、よく冷やしておきます。
・天板にオーブンシートを敷き、型をのせます。
・オーブンは190℃に温めます。

1.生地を焼く
①ボウルに薄力粉・粉砂糖・レモンの皮のすりおろしを入れて泡立て器でざっと混ぜます。
②バターを加え、カードを使ってバターに薄力粉をまぶしながら、そぼろ状になるまで切り混ぜます。
 ☆全体が黄色っぽくなります。
③さらに指ですり合わせて細かくし、生地をつかんでボウルに押しつけるようにして軽くこね、ポピーシードを加えて、折り混ぜながらひとまとめにします。
④打ち粉を手につけながら、生地を型に均一に敷き込みます。
⑤余熱したオーブンに入れて約15分、うっすらと焼き色がつくまで焼きます。

2.フィリングを作る
①ボウルに薄力粉・ベーキングパウダー・レモン汁・レモンの皮のすりおろしを合わせ、泡立て器でしっかりと混ぜます。
②さらに溶いた卵・グラニュー糖を加え、手早く混ぜます。
 生地が焼き上がったらすぐにフィリングを流し込むので焼きあがる前に作ります。

3.フィリングを流して焼く
①生地が熱いうちにフィリングを流し込みます。
②すぐに190℃に予熱したオーブンに入れ、10~15分焼きます。
 ☆揺すってみて、フィリングが固まっていればOKです。またさわってみて固ければOKです。
③冷めたら型から外して、16等分に切って器に盛って完成です。

POINT

生地が冷めてからフィリングを流すと生地がフィリングを吸ってしまい二層になりません。

チコリより

レモンの甘酸っぱさを存分に味わえるお菓子ですね。生地に入れたポピーシードでクッキー生地も食感もよさそうです。

スポンサードリンク