3月27日、日本テレビキューピー3分クッキングで放送された料理研究家石原洋子さんが作る「いわしの梅煮」のレシピです。
梅干しの風味でさっぱりいただけるいわしの梅煮を作ります。いわしは3枚おろしにして煮るのでお子様も食べやすいです。。

スポンサードリンク

いわしの梅煮

材料 4人分

いわし  6尾(正味300g)
梅干し  2個(30g)
しょうが 2片

(A)
酒    1/4カップ
みりん  大さじ2
水    1/2カップ
砂糖   大さじ1
しょうゆ 小さじ1

作り方

準備
・いわしの処理
①いわしはウロコをとり、頭を切り落し、包丁で肛門まで切り込みを入れ、腹ワタを除きます。
②お腹の中をきれいに洗い、ペーパータウルで水気をふきとります。
③お腹を手前に向けて親指で骨に沿って左右に開きます。
④尾の根元の背骨を手で折って身を押さえながら頭側へ向かって骨を除きます。
⑤包丁で背びれを切り取るよう半分に切ります。
⑥腹骨をそぎとります。

・しょうがはせん切りにします。

1.フライパンに(A)の酒・みりんを入れて煮立ててアルコール分を飛ばし、残りを加えて再び煮立てます。
2.いわしを入れ、再び煮立ったらアクをとり、上にしょうがを散らし、あいているところに梅干しをちぎって種ごと入れます。
3.煮汁をまわしかけ、落としぶたをして弱めの中火で7~8分煮ます。
4.ふたをとって中火にし、煮汁をかけながら煮汁がほとんどなくなるまで5分ほど煮つめる。
5.器に盛って完成です。

POINT

いわしは手開きにして、背びれを切り落として三枚におろします。
身がやわらかいので、グラグラ煮立てずに静かに煮ます。
骨も除いて煮るので煮る時間も少なく、お子様にもとても食べやすくなっています。

チコリより

梅干しを入れて煮るとさっぱりといただけますね。骨も除くとお子様にも喜んで食べてもらえそうですね。

スポンサードリンク