8月17日、TBSおびゴハンで放送された「季旬鈴なり」村田明彦シェフが作る夏のお肉料理「とろとろ卵と湯葉の鶏すき丼」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「しらたきの塩昆布和え」のレシピです。
鶏肉・湯葉・しらたきで作るとろとろ卵がおいしいすき焼き風の丼です。副菜はしらたきと塩昆布を和えます。

スポンサードリンク

とろとろ卵と湯葉の鶏すき丼

材料 2人分

鶏もも肉  1枚
玉ねぎ   1個
しらたき(茹でたもの) 100g
生湯葉   100g
卵     2個
かいわれ  適量
サラダ油  小さじ1

(A)
だし汁   200ml
しょうゆ  50ml
みりん   50ml
酒     25ml
砂糖    大さじ1

ご飯    丼2杯分
七味唐辛子 適量

作り方

1.具材を切る
・鶏もも肉は2~3cm角に切ります。
・玉ねぎは繊維に沿って薄切りにします。
・しらたきは食べやすくざく切りにします。
・卵は溶きほぐします。

2.たれを作る
 ボウルに(A)を混ぜ合わせます。

3.炒める
①フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉を入れ、焼き色がつくまで焼きます。
 ☆焼き色をつけて香ばしく、食感も良くなります。
②玉ねぎを加え、しんなりするまで炒めます。
③しらたきを入れて炒めます。

4.煮込む
①(A)を入れて3~4分煮込み、アルコール分をしっかり飛ばします。
②湯葉を箸で切りながら加え、卵を1/2量入れ、ふたをして少しおいたら、残りの卵を回し入れふたをし、火を止めて30秒ほど蒸らします。
③ご飯を盛った器にかけ、かいわれをのせて完成です。
 お好みで七味唐辛子をふっていただきます。

ポイント

しらたきでかさ増しします。
湯葉を加えることでよりトロトロ感が出ます。
卵は2回に分けて加えます。


スポンサードリンク

しらたきの塩昆布和え

材料 2人分

しらたき  100g
片栗粉   小さじ1

ごま油   小さじ1
塩昆布   10g
青ねぎ   2本分

七味唐辛子 適量

作り方

1.しらたきレンジでチン
・しらたきははさみで食べやすい長さに切ります。
・青ねぎは小口切りにします。

①耐熱ボウルにしらたき・しらたきがかぶるくらいの水(約100ml・分量外)を入れ、600wの電子レンジで約3分加熱します。
②軽く水気をきって片栗粉をからめ、さらに30秒加熱します。
 ☆片栗粉を加えると、後で入れる具材と絡みやすくなります。

2.具材を和える
①にごま油・塩昆布・青ねぎを加えて和えます。
②器に盛り付け、お好みで七味唐辛子をふっていただきます。

チコリより

鶏肉を油で焼いているので香ばしく、ボリューム感もありますね。しらたきも入って満足感がありそうです。

スポンサードリンク