8月24日、TBSおびゴハンで放送された「ラ・ブリアンツァ」奥野義幸シェフが作るそうめんアレンジレシピ「あさりとトマトのガスパチョ風そうめん」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「揚げないモッツァレラチーズフライ」のレシピです。
アサリの煮汁とトマトでガスパチョ風のつけだれを作りそうめんをつけていただきます。副菜はコーンフレークを衣にして揚げずにモッツァレラチーズフライを作ります。

スポンサードリンク

あさりとトマトのガスパチョ風そうめん

材料 2人分

そうめん 4束

あさり  30個
白ワイン 40ml
水    40~50ml

(A)水溶き片栗粉
水    小さじ1
片栗粉  小さじ1

トマト  3個
いちご  1個
EXバージンオリーブオイル 大さじ2
塩    適量

バジル  3~4枚
モッツァレラチーズ 1個

作り方

1.アサリの出し汁をとる
・あさりは砂抜きします。
①鍋にあさりと白ワインを入れ、中火にかけてふたをし、あさりの口が開いたら水を加え、さらにふたをして沸いたら、ふたを取って中火で5分煮詰めます。
 ☆アサリのうまみを出し切ります。
②ザルにあけて汁を漉し、汁を鍋にもどし、水溶き片栗粉を加えて火にかけてとろみをつけます。
 ☆麺と絡むようとろみをつけます。

2.ミキサーにかける
・トマトは湯むきします。

 ミキサーにアサリの汁・トマトを入れて攪拌し、いちご・EXバージンオリーブオイルを加えて撹拌します。
 ☆イチゴでさわやかな甘みをプラスします。

3.そうめんを茹でる
・バジルは細切りにします
・モッツァレラチーズは粗みじん切りにします。(薬味になります)

①そうめんを茹で、氷水でしめて、水気を切り、器に盛ります。
②別皿に薬味としてモッツァレラチーズ/バジルを盛り、器にアサリのガスパチョを注いで完成です。

ポイント

アサリは煮詰めて濃いだしを取ってとろみをつけ、トマトやイチゴを加えてガスパチョにします。


スポンサードリンク

揚げないモッツァレラチーズフライ

材料 2~3人・アルミカップ約6個分

モッツァレラチーズ 1/2個
コーンフレーク(プレーン) 20g

薄力粉   大さじ1
水     大さじ1
塩     少々

オリーブオイル 少々
乾燥パセリ 適量

準備するもの
アルミカップ 6個

作り方

1.モッツァレラチーズに衣をつける
・コーンフレークを袋に入れ、細かく砕きます。
・モッツァレラチーズは6等分に切ります

①ボウルに薄力粉・水・塩を入れて混ぜます。
②モッツァレラチーズを①に加えて絡めます。アルミカップに1つずつ入れたら、上から砕いたコーンフレークを等分にかけ、さらにオリーブオイルをかける。
③アルミカップにコーンフレークをしき、モッツァレラチーズをのせ、残りのコーンフレークをのせます。
④オリーブオイルをかけます。
 ☆オリーブオイルで香ばしさをUPします。

2.オーブンで焼く
①180~190℃に予熱したオーブンで約3~5分、モッツァレラチーズが柔らかくなるまで焼きます。
②お皿にのせ、乾燥パセリをふって完成です。

ポイント

コーンフレークは甘いタイプを使えばデザートになります。はちみつをかけていただくと良いです。

チコリより

おそうめんをいただくと口の中でアサリ、トマト、イチゴの順に味が変わっていくそうです!おいしそうです☆

スポンサードリンク