9月19日、TBSおびゴハンで放送された「銀座やまの辺」山野辺仁シェフが作る秋の丼レシピ「やわらか!チャーシュー丼」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「レタス茶碗蒸し」のレシピです。
やわらかくジューシーなチャーシューを作り、どんぶりにします。副菜はシャキシャキなレタスはおいしい茶碗蒸しを作ります。

スポンサードリンク

やわらか!チャーシュー丼

材料 2人分

豚肩ロース肉(ブロック) 300g
塩     少々

(A)タレ
酒     大さじ1.5
しょうゆ  大さじ4
みりん   大さじ4
砂糖    大さじ1
はちみつ  大さじ1

白髪ねぎ  1/2本
レタス   2枚
目玉焼き  2個
サラダ油  適量
黒こしょう 少々

ご飯    2人分

作り方

1.チャーシューを焼く
・肉は常温に戻しておきます。
・オーブンは140℃に温めておきます。

①豚肩ロース肉に、塩で下味を付け、10~15分おきます。
②フライパンにサラダ油を熱し、豚肩ロース肉の表面に焼き色をつけます。
 ☆肉を長方体に見て6面すべて焼き色をつけます。
③火を止め、(A)を加え、強火にかけてたれを絡めます。
④肉を取り出し、アルミホイルで包みます。、
⑤オーブンで約10分焼き、アルミホイルに包んだまま余熱で10分ほどおきます。
 ☆アルミホイルに残った肉汁は盛りつけのときに使います。

2.たれを作る
 フライパンに残ったタレを30~40秒煮詰めます。

3.盛り付け
・長ネギは白髪ねぎにします。
・レタスは太めのせん切りにします。

①チャーシューは5mm厚さ程度にスライスします。
②丼にごはんをよそい、煮詰めたタレを回しかけ、レタスをのせ、チャーシューを扇状に並べます。
③チャーシューから出た肉汁をチャーシューにかけ、白髪ネギをこんもりとのせ、目玉焼きを乗せます。
④チャーシュー・目玉焼きの上にさらにたれをかけ、こしょうをかけて完成です。

ポイント

焼き豚はオーブンで10分焼き、取り出して余熱で10分おいてジューシーに仕上げます。


スポンサードリンク

レタス茶碗蒸し

材料 2人分

レタス   1枚

卵     1個
水     80ml
めんつゆ  大さじ1

ラー油   適量

作り方

1.レタスと卵液を混ぜる
・レタスは5~6cm長さのせん切りにします。
 ☆レタスは外葉を使うと色がきれいに仕上がり、食感も良いです。

①ボウルに卵を割り入れて混ぜ、水・めんつゆを加えよく混ぜ、レタスを加えて混ぜます。
②耐熱の器に等分に入れ、ふんわりラップをします。

2.レンジでチン
①600Wの電子レンジで約3分加熱します。
②お好みでラー油をかけて完成です。

チコリより

ガッツリ食べたい男子にとても喜ばれそうですね。おいしいチャーシューをが短時間で作れるのが良いです。

スポンサードリンク