2月8日、TBSおびゴハンで放送された料理研究家浜内千波さんが作る「羽根つきもち麦餃子」のレシピです。
女性にうれしいスーパーフードのもち麦を使って羽根つき餃子を作ります。
餃子を作る間に簡単に作れるキャベツサラダも紹介します。

スポンサードリンク

羽根つきもち麦餃子

材料 2人分

餃子の皮 12枚

ひき肉   50g
ゆで麦 100g(もち麦40gを茹でます)
きゃべつ 100g
しょうが  1かけ

ぬるま湯  150cc
ゴマ油   大さじ1
小麦粉   大さじ1/2
塩     小さじ1/2
こしょう  少々

作り方

1.あんを作ります
①もち麦40gを熱湯で20分茹でます。
 茹で上がったらザルにあけ、ボウルに入れた水で軽く洗い、ぬめりと粗熱を取り、よく水気を切ります。
 茹で上がったもち麦を100g使います。
 ☆粗熱を取らずに鶏肉を混ぜると、鶏肉の脂が溶けパサパサになります。
②きゃべつは食感が残る程度のみじん切りにし、塩少々(分量外)でもんで水気を切ます。
 ☆細かくしすぎないようにします。
③しょうがはみじん切りにします。
④ボウルに鶏ひき肉、塩、こしょう、しょうがを入れ、よく練ります。
➄きゃべつ、ゆで麦を加えもみ込みます。
⑥あんをバットに空け、12等分に分けます。

2.皮で包みます
⑦あんを餃子の皮で包み、フチに水をつけたら半分に折り、親指、人差し指、中指でつまみながら口を閉じていきます。
 ☆親指、人差し指、中指で皮のふちをしっかり押さえると皮が破れにくくなります。

3.焼きます
⑧小麦粉にぬるま湯を数回に分けて注ぎ、溶きます。
 ☆水溶き小麦粉は小麦粉1に対して水20の割合で作ります。
 ☆ぬるま湯を使うのは水だと沸騰するまでに時間がかかるために市販の餃子の皮は溶けて破れやすくなるためです。
➈フライパンを熱しにゴマ油を入れ、一旦火を止めます。
 ☆火を消すことで最初と最後に並べた餃子の焼き色がきれいに揃います。
➉餃子を底に油をつけながら放射線状に並べます。
 ☆油を均一にすることで餃子の羽根がきれいにできます。
⑪中火にして餃子を焼き、水溶き小麦粉を注ぎ、フタをして7〜8分蒸し焼きにします。  
⑫きれいな焼き色が付いたら、フライパンに皿をかぶせひっくり返して皿に盛って完成です。
 

POINT

もち麦は食物繊維を豊富に含み、低カロリーです。また血糖値の上昇を緩やかにします。


スポンサードリンク

ちなみにキャベツサラダ

材料 2人分

キャベツ  300g
塩     小さじ1/2
鰹節    小1袋
たくあん  50g
ゴマ油   適量

作り方

①キャベツをざく切りにし、芯は包丁の腹でで叩きます。塩でもみ、しっかり絞ります。
 ☆芯はたたくと食べやすくなります。
②たくあんは千切りにします。
③きゃべつ・ゴマ油・かつお節・たくあんをよく混ぜて完成です。

POINT

たくあんは香りと味付け、かつお節はうまみ成分をプラスします。

チコリより

 
もち麦を入れた餃子、健康にも良いのでぜひ作ってみようと思います。

 

スポンサードリンク