11月7日、TBSおびゴハンで放送された「abysse(アビス)」目黒浩太郎シェフが作るとろーり!チーズ料理「カツオのたたき ブルーチーズソースがけ」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「冷凍ピラフで簡単リゾット」のレシピです。
脂がのった秋の戻りガツオのたたきとたっぷりの野菜に特製ブルーチーズソースをかけていただきます。副菜は冷凍エビピラフを使ってリゾットを作ります。

材料 2人分

カツオ(皮なし・刺身用)  150g

赤玉ねぎ 1/8個
ラディッシュ 1個
水菜   1/2株
芽ネギ  適量
セロリ  3cm
くるみ(ロースト) 10粒

(A)ドレッシング
ブルーチーズ 25g
シェリービネガー 30ml
レモン汁  8ml
はちみつ  大さじ1/2
マスタード 10g
にんにくのすりおろし 2g
EXバージンオリーブオイル 100ml

塩     少々
こしょう  少々

作り方

1.野菜を切る
・赤玉ねぎは繊維に沿ってスライサーで薄くスライスして、水にさらします。
・ラディッシュはスライサーで薄くスライスして、氷水に3分ほどつけます。
・水菜は1.5cm幅に切り、氷水にさらし、スピナーで水気をきります。
・芽ネギは根を除きます。
・セロリは薄切りにして、ラディッシュとともに氷水につけます。
・くるみは4等分に切ります。

2.チーズソースを作る
(A)をミキサーに順に加え、攪拌し、塩・こしょうを加えてもう一度攪拌します。

3.カツオを焼く
①カツオの皮面目にEXバージンオリーブオイル(分量外・適量)を刷毛で塗ります。
 ☆皮面に油を塗って焼き色を均一にします。
②フライパンをしっかり熱して火を止め、皮面を下にして入れ、焼き色がついたら取り出し、ペーパータオルで押さえて脂を除きます。
③1㎝幅に切り、断面の片面に塩をふります。

4.盛りつけ
①器にカツオを盛りつけます。
②ラデッシュ・セロリ・水菜・赤玉ねぎをのせ、芽ネギ・クルミを散らし、ドレッシングを回しかけて完成です。

ポイント

ブルーチーズが苦手な場合はナチュラルチーズでもOKです。
シェリービネガーは米酢や甘みのあるりんご酢にかえてOKです。

スポンサードリンク

冷凍ピラフで簡単リゾット

材料 2人分

冷凍エビピラフ 1/2袋

牛乳     200ml
粉チーズ    大さじ2
乾燥パセリ  適量
黒こしょう  少々

作り方

1.冷凍ピラフを牛乳で煮る
①鍋に牛乳・凍ったままのピラフを入れて強火にかけ、沸騰してから1分少しとろみがつくように煮ます。

2.チーズを混ぜる
①粉チーズを加え絡むくらいまで水分がなくなるまで混ぜながら煮詰めます。
②器に盛り付け、乾燥パセリと黒こしょうをふって完成です。

チコリより

ブルーチーズが苦手な方に食べていただきたいと目黒シェフがおっしゃっていました!カツオやブリ、まぐろともよく合うそうです。たくさんの野菜でおいしそうです。

スポンサードリンク