11月8日、TBSおびゴハンで放送された「ラ・ブリアンツァ」奥野義幸シェフが作るとろーり!チーズ料理「キノコたっぷり!ボロネーゼ」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「キノコのボートサラダ」のレシピです。
キノコをたっぷり入れてキノコのうまみたっぷりのボロネーゼを作ります。副菜はキノコマリネをロメインレタスにのせてボートサラダを作ります。

スポンサードリンク

キノコたっぷり!ボロネーゼ

材料 2人分

パスタ(1.6mm) 120g

舞茸   1パック
しめじ  1パック
えのきだけ 1/2パック
エリンギ 1本

にんにく 1片
鷹の爪  1/4本程度(約5mmほど)
ローリエ 1枚

玉ねぎのみじん切り 1/4個分
セロリのみじん切り 1/3本分
牛ひき肉 200g

強力粉  2つまみ
赤ワイン 100ml
ホールトマト 1缶(400g)

粉チーズ 適量
EXバージンオリーブオイル 適量

塩    適量

作り方

1.ミートソースを作る
・舞茸・しめじ・えのきだけは石づきを除いてさばきます。
・エリンギは石づきを除き、手でさきます。

①フライパンにつぶしたにんにく・EXバージンオリーブオイルを入れて火にかけ、すぐに鷹の爪・ローリエ・玉ねぎ・セロリを加えて炒めます。
 ☆鷹の爪は辛味をプラスするのではなく、食材の臭みを抑えるために少量使います。
②牛ひき肉を加え、さっと炒めたらきのこを加えます。
 ☆肉の色が変わらなくてOKです。全体が混ざったらすぐにきのこを入れてOKです。
③ひき肉をほぐしながら少し色がついて水分が飛ぶまで炒め、強力粉を全体に振り込んで炒め合わせます。
④赤ワインを入れ、アルコールを飛ばし、約1/2量になるまで煮詰めます。
⑤つぶしたホールトマト・パスタの茹で汁(塩分濃度約20%・大さじ2程度)を入れて混ぜ、ふたをずらして乗せ、弱火で約10分煮ます。

2.パスタを和える
①ミートソースを煮込んでいる間にパスタを塩茹で(塩分濃度約20%)します。少し芯が残るくらいに茹でます。
②ミートソースを混ぜながら煮詰め、パスタの茹であがりを入れて絡めます。パスタのゆで汁をきりすぎないように入れて、塩分を調整します。

3.チーズと絡める
①火を止めてパルメザンチーズをふり入れて加え、フライパンをふりながら絡め、EXバージンオリーブオイルを全体に絡めます。
②器に盛り付け、さらにEXバージンオリーブオイルを回しかけ、パルメザンチーズをふって完成です。

ポイント

具材は分けて炒める必要がなく一度に入れてOKです。よく炒めて水分を飛ばします。


スポンサードリンク

キノコのボートサラダ

材料 2人分

ロメインレタス 2枚
しめじ   1/2パック
ミニトマト 4個

(A)
オリーブオイル 大さじ1
にんにくのすりおろし 小さじ1/2
塩     少々
こしょう  少々

(B)
レモン汁  大さじ1
乾燥パセリ 少々
パルメザンチーズ(粉チーズ) 適量

作り方

1.しめじをレンジでチン
①しめじは石づきを除いてほぐします。
②耐熱容器にしめじと(A)を入れて、600Wの電子レンジで約1分加熱します。
③(B)を加えて混ぜます。

2.トマトを混ぜる
①ミニトマトは4等分に切ります。
②しめじのボウルにミニトマトを加えます。

3.レタスにのせる
①器にロメインレタスをボート状にのせ、等分に盛って完成です。
 
 ☆ロメインレタスはチコリにかえてもOKです。

チコリより

きのこがたっぷり入って秋においしいパスタですね。早速作ってみたいと思います。

スポンサードリンク