11月9日、TBSおびゴハンで放送された「月島韓灯」金順貞シェフが作るとろーり!チーズ料理「チーズ入り ツナキムチチゲ」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「春菊と魚肉ソーセージの水餃子」のレシピです。
キムチベースのスープにツナ缶を丸ごと入れて、冷蔵庫にある具材で作れるチーズ入りキムチチゲです。副菜は春菊と魚肉ソーセージを水餃子にしていただきます。

スポンサードリンク

チーズ入り ツナキムチチゲ

材料 4人分

スライスチーズ(チェダー) 3枚

魚肉ソーセージ 4本
春菊   3本
長ねぎ  1/2本
えのきだけ 1/2パック
木綿豆腐 1/2丁
玉ねぎ  1/4個
ツナ   1缶

米の研ぎ汁(2回目) 700ml

キムチ  400g

ラー油  大さじ1

作り方

1.具材を切る
・魚肉ソーセージは長めの乱切りにします。
・春菊は長さを3等分にします。
・長ねぎは5mm幅程度の斜め切りにします。
・えのきだけは石づきを除いてさばきます。
・木綿豆腐は1cm幅煮切ります。
・玉ねぎは1cm幅のくし形に切ります。
・ツナ缶は油を切っておきます。

2.キムチを炒める
①土鍋にラー油を軽く熱し、キムチを入れ、弱火で約10分程度煮ます。
 ☆濃い味が好きな場合はキムチをよく炒めます。
②米の研ぎ汁を100ml程度残して加えて煮立て、5分煮ます。

3.具材を煮る
①玉ねぎ・魚肉ソーセージ・しめじ・えのきだけ・ツナ(崩さないで)・木綿豆腐を彩りよく入れ、中火で4〜5分煮ます。
②残しておいた研ぎ汁で調整し、春菊・長ねぎを入れて火を止めます。
③チェダーチーズをのせて完成です。

ポイント

米のとぎ汁は一度目を捨てて2度目のものを使います。濃い目に作るとよりコクが出ます。
キムチはできるだけ酸っぱいものを選ぶと良いです。
ごはんにのせていただくと惜しいです。


スポンサードリンク

春菊と魚肉ソーセージの水餃子

材料 2人分

魚肉ソーセージ 1/2本
春菊   30g

(A)
ごま油  小さじ1
薄口しょうゆ 小さじ1

餃子の皮 6枚

(B)
キムチの素 適量
ポン酢  適量

作り方

1.餡を作る
①魚肉ソーセージ・春菊はみじん切りにします。
②ボウルに①・(A)を入れて混ぜます。

2.包む
餡を6等分にし、餃子の皮で半分に折りたたんで包みます。
 ☆キッチンペーパーを水で濡らしておき、餃子の皮を上半分のせて水分をつけるとよいです。

3.餃子を茹でる
沸騰した湯で餃子を茹で、取り出して水気を切ります。

4.たれを作る
①(B)を混ぜ合わせます。
②器に茹でた餃子を盛り、たれを別皿に添えて完成です。

チコリより

具材は手にコンビニでも手に入るものばかりなので思い立ったらすぐに作ることができますね。お肉がなくてもボリュームがありそうです。

スポンサードリンク