11月15日、TBSおびゴハンで放送された「abysse(アビス)」目黒浩太郎シェフが作る秋の煮込み料理「鶏肉の赤ワイン煮込み」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「おまめさんで春巻ごはん」のレシピです。
鶏肉のうまみがたっぷり溶けだした赤ワイン煮込みです。野菜もたっぷりです。副菜はご飯と市販の煮豆を混ぜて春巻きで包んで揚げた春巻きごはんです。

スポンサードリンク

鶏肉の赤ワイン煮込み

材料 2人分

鶏もも肉  1枚
赤ワイン  720ml
薄力粉   適量

ベーコン(ブロック) 60g
小玉ねぎ  6個
マッシュルーム 6個

フォンドボー 200ml
バター   20g
チョコレート(ビター) 5g
塩     少々
こしょう  少々

(A)
コーンスターチ 大さじ1/2
水     大さじ1

パセリのみじん切り 適量
サラダ油  適量

付け合せ
じゃがいも(茹でて半分に切り、バターで炒めたもの) 適量

作り方

1.具材を切る
・鶏もも肉をそのまま切らずに赤ワインに一晩つけておき、取り出したらキッチンペーパーでしっかり水気をふき取り、3cm角に切ります。
・ベーコンは拍子木切りにします。
・小玉ねぎは皮をむき、根元の部分に十字に切り込みを入れます。
・マッシュルームは石づきを除きます。

2.焼く
①鶏肉は薄力粉を茶こしでまぶします。
②フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉を皮目から、焼き色がしっかりつくまで中火で3~4分焼きます。
 ☆赤ワインの色がついていてわかりにくいですが、黒っぽくなるまで焼きます。
③煮込み用の鍋にサラダ油を熱し、ベーコンを炒め、脂が出たらマッシュルームと小玉ねぎを加えて焼き色がつくまで炒めます。

3.赤ワインで煮る
①鍋に焼きあがった肉を加え、肉を漬けていた赤ワイン・フォンドボーを加えて沸かします。最初に出るアクはしっかり除きます。
②オーブンペーパーで落しぶたをして約15分弱火~中火で煮ます。

4.ソースを煮詰める
①具材を網ですくってバットなどに取り出します。
 ☆煮詰めていくうちにソースが減り、具材が頭を出して乾燥するのを防ぐためです。
②ソースが半量になるまで②3分程煮詰め、バター・チョコを加え、塩・こしょうで味付けをします。
③(A)でとろみをつけ、具材を戻し入れて温めます。
④器に盛り付け、付け合せのじゃがいもをのせ、仕上げにパセリのみじん切りをちらして完成です。

ポイント

鶏肉は一晩赤ワインにつけてから煮込みます。牛肉でも同様に作ることができます。


スポンサードリンク

おまめさんで春巻ごはん

材料 2人分

春巻の皮   2枚

ご飯     100g
五目豆    1パック(65g)

大葉     2枚

サラダ油   適量

レタス    適量

(B)
薄力粉    小さじ1
水      小さじ1

作り方

1.ご飯と五目豆を混ぜる
ごはんに五目豆を混ぜこみます。汁がおおければ半分ほどに減らして加えます。

2.皮で包む
・(B)はあわせてよく混ぜます。

①春巻の皮に大葉をのせ、ご飯を等分にしてのせて包みます。
②閉じ終わりに(B)を塗り、しっかり巻き込みます。同様に計2本作ります。

3.揚げる
①フライパンに揚げ油を熱し、春巻きを入れて、表面をこんがり揚げ、油を切ります。
②器にレタスを敷き、春巻きを盛りつけて完成です。

 ☆番組ではふじっ子「やさい豆」を使っていました。

チコリより

赤ワイン煮込みとてもおいしそうです。チョコレートを入れるのは驚きましたがコクが出るそうです。

スポンサードリンク