12月5日、TBSおびゴハンで放送された「銀座やまの辺」山野辺仁シェフが作る絶品!冬の魚料理「ぶりとカキのネギ香り蒸し」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「干し海老と生姜の中華粥」のレシピです。
ぶりとカキをフライパンで蒸して、山盛りのしょうがとねぎをのせていただく香り蒸しです。一緒に干しエビとしょうがの香りが良い中華が湯を作ります。

スポンサードリンク

ぶりとカキのネギ香り蒸し

材料 2人分

ぶり   2切れ
カキ   6個
片栗粉  少々
白菜   3枚

(A)
長ねぎ  1本
九条ねぎ 1本
しょうが 1片

酒    大さじ1
水    100ml
しょうゆ 大さじ1

ねぎ油  40g
塩    少々

作り方

1.野菜を切る
・白菜は長さを3等分に切り、縦にせん切りにします。
・長ねぎ・九条ねぎは斜め薄切りにします。
・しょうがはせん切りにします。

 長ねぎ・九条ねぎ・しょうがは合わせて5分程水にさらし、ザルにとって水気を除きます。

2.カキとブリの下準備
・ボウルにカキ・塩・片栗粉を入れて優しくもみこみ、水で軽く洗い、ザルにとってキッチンペーパーで水気をふき取ります。
・ぶりは多めの塩をふって5分ほどおいてからお湯をかけて霜降りし、ザルにあけて水で洗い、水気をふきます。

3.蒸す
①フライパンに白菜をしき、ブリ・酒・水を入れてふたをし、強火で1分30秒蒸します。
②カキをぶりの上にのせ、ふたをしてさらに1分蒸します。
 ☆カキのうまみをブリに移します。カキがぷっくりしたらOKです。

4.油をかける
①器に盛り、出た汁も適量かけます。
②しょうゆを半量かけ、(A)をたっぷりのせ、残りのしょうゆをかけます。
③熱く熱したねぎ油をかけて完成です。

ポイント

カキは塩と片栗粉で洗いうまみを逃さないようにします。
ぶりはたっぷりの塩でうまみを閉じ込めます。ぶりはすずきやたいなど白身魚に代えてもおいしいです。


スポンサードリンク

干し海老と生姜の中華粥

材料 2人分

レトルトご飯 200g
水      400ml
しょうがのせん切り 10g
干し海老   大さじ1
中華だしの素 小さじ1/2
塩      ひとつまみ
ごま油    適量
青ネギの小口切り 適量

作り方

1.ご飯と干し海老をチン
①耐熱容器にレトルトご飯・水(200ml)・しょうが・干し海老を入れ、ラップをして600Wの電子レンジで約3分加熱します。
 ☆チンしてご飯の粘りを出します。

2.スープで煮る
②フライパンに水(200ml)・中華だしの素・塩を加えあたためます。
③①を混ぜて加えて煮立てます。
④仕上げにゴマ油をまわしかけて完成です。
⑤器に盛り付けて、青ネギをちらして完成です。お好みでラー油をかけていただきます。

チコリより

私は白身魚で作っていましたがブリとカキの組み合わせがおいしそうです。下に白菜を敷くのも良いですね。

スポンサードリンク