1月25日、TBSおびゴハンで放送された「銀座やまの辺」山野辺仁シェフが作る簡単で美味しい!冬の贅沢鍋「水餃子しゃぶしゃぶ鍋」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「マロニーで作る!黒豆きなこ寒天」のレシピです。
プリプリの水餃子をだしにくぐらせ2種類のたれでいただきます。デザートはマロニーを使って黒豆きなこ寒天を作ります。

スポンサードリンク

水餃子しゃぶしゃぶ鍋

材料 4人分

水餃子(20個分)
豚ひき肉 250g
白菜   50g
セロリ  50g
長ねぎ  20g
しょうが 5g
ごま油  小さじ1
餃子の皮 40枚

(A)
酒    小さじ2
塩    小さじ2
こしょう 適量

その他の具材
レタス  1個
鶏もも肉 1枚
塩    適量
マロニー 適量

スープ 鍋の大きさに合わせて
水    2リットル
昆布   1片
ねぎ油  大さじ2

(B)
酒    100ml
薄口しょうゆ 200ml
塩    小さじ1
生姜の薄切り 10g

タレ
(C)
しょうゆ 80ml
酢    100ml
みりん  大さじ2と2/3
砂糖   大さじ2

(D)
長ねぎのみじん切り 30g
しょうがのみじん切り 10g
ニラのみじん切り 30g

(E)
白練りごま 130g
豆板醤  適量

作り方

1.水餃子を作る
・白菜・セロリ・長ねぎは粗みじん切りにします。
・しょうがはみじん切りにします。

①ボウルに豚ひき肉・(A)を入れて白っぽくなるまで練ります。
②野菜・ごま油を加え、さらに練ります。
③餃子の皮の片面に水をつけ、2枚重ね合わせ、あんを適量包み、2つ折りに包んでから、ひだを作ってしっかりおさえます。計20個作ります。
 ☆キッチンペーパーに水を含ませ、その上に餃子の皮をのせて水をつけます。合わせたらパンとたたいて中の空気を抜きます。包んだらあんが出てこないようしっかり閉じます。
④小鍋に湯を沸かし、水餃子を入れて浮きあがってきてから1~2分茹で、ザルにあげて冷水でしめます。
⑤皿にちぎったレタスと一緒に盛りつけます。

2.2種のたれを作る
①(C)を合わせ、タレのベースを作ります。
②①を半量ずつに分け、(D)と(E)をそれぞれに加えて、2種類のタレを作ります。

3.スープを温める
・スープ用の水の昆布をつけておきます。
・鶏肉は塩をふっておきます。

①スープ用の昆布を漬けた水に、(B)を加え、土鍋に移してあたためます。
②塩をふった鶏肉を加え、沸いたらアクを除き、ねぎ油を加えます。
③レタス・マロニーを入れ、水餃子をしゃぶしゃぶして温め、お好みでタレをつけていただきます。

ポイント

水餃子には脂身の少ないひき肉が良いです。粘りが出るまでしっかり練ります。
餃子の皮は2枚重ねて使い、モチモチ感を出します。
水餃子は別に先に茹でることでスープが濁りません。


スポンサードリンク

マロニーで作る!黒豆きなこ寒天

材料 2個分

(A)
水 150ml
砂糖   大さじ2
マロニー 10g
粉寒天  小さじ1/2

黒豆(市販)   適量
黒豆の煮汁 適量
きなこ  適量
ミント  適量

作り方

1.マロニーを茹でる
①フライパンに(A)の水を入れて沸かし、砂糖・マロニーを入れて、マロニーがやわらかくなるまで煮ます。
②寒天をふり入れ、ひと煮たちさせます。

2.黒豆と合わせる
①器に黒豆を3粒程入れ、マロニーをくるくる巻きながら等分にのせます。
②汁を等分に注ぎ、残りの黒豆を等分に散らします。

3.冷やす
①冷蔵庫で冷やし固めます。(2時間ほど)
②皿にきなこをしき、器から取り出した寒天を返して盛りつけます。
③黒豆の煮汁をかけ、ミントをのせて完成です。

チコリより

水餃子をしゃぶしゃぶしていただくのも楽しいですね。

スポンサードリンク