3月29日、TBSおびゴハンで放送された「季旬鈴なり」村田明彦シェフが作るお花見で食べたい!春のお弁当レシピ「春のいなり寿司」と、シュフ代表北斗晶さんが作る「バラエティバーベキュー」のレシピです。
3種類のすし飯を甘辛く煮た油揚げで巻き香ばしく焼いたいなり寿司を作ります。副菜は鶏もも肉やうずらの卵、ウインナーをくしで刺してこんがり焼いたバラエティーバーベキューを作ります。

スポンサードリンク

春のいなり寿司

材料 6本分

油揚げ  6枚
(A)
カツオだし 200ml
ざらめ  大さじ3
みりん  小さじ2
しょうゆ 大さじ2

寿司飯  720g(1本120g)

ごま油  適量

(A)鮭フレークゴマ菜の花
鮭フレーク 30g
菜の花(茹でたもの) 3本分
白ごま  適量

(B)ツナ缶黒ゴマ炒り卵
ツナ(油をきったもの) 1缶
炒り卵  1個分
黒ごま  適量

(C)柴漬け海苔
柴漬け  20g
海苔   1枚

作り方

1.油揚げを煮る
①油揚げをザルの上に広げ、熱湯を回しかけて油抜きをし、水気をしっかり絞ります。
 ☆油抜きして油の臭みを消します。
②フライパンに(A)を入れ、あたたまったら油揚げを入れ、落としぶたをして中の強の火加減で水分が少なくなるまで15分ほど煮て、粗熱を取ります。

2.3種類のすし飯を作る
①寿司飯を3等分します。
②A、B、Cの具材をそれぞれ寿司飯に混ぜます。

3.巻く
①冷ました油揚げの3方に切り込みを入れて開きます。
②ラップの上に油揚げを広げ、3種類それぞれ半量の寿司飯をのせ、細巻き状に巻きます。(計6本できます)
 ☆(C)は油揚げの上に2等分に切った海苔1枚を重ねてからすし飯を巻き込みます。

4.焼く
①フライパンにごま油を熱し、細巻き稲荷をのせ、全体に焼き目をつけます。
②食べやすく4等分に切り、盛り付けて完成です。

ポイント

油揚げはザラメを使うとコクのある優しい甘みに煮上がります。


スポンサードリンク

バラエティバーベキュー

材料 2本分

鶏もも肉(ひと口大に切ったもの) 2切れ

(D)
マヨネーズ 大さじ1
カレー粉 小さじ1
うずらの卵 2個
赤ウィンナー 1本D
ピーマン 1/2個
サラダ油 適量

作り方

1.鶏肉に味付け
・赤ウィンナー・ピーマンは2等分に切ります。

①耐熱容器に鶏もも肉を入れ、(D)を加えてからめます。
②ラップをし、600Wの電子レンジで約2分加熱します。

2.串にさして焼く
①うずらの卵→赤ウィンナー→ピーマン→鶏肉の順に串でさします。
②フライパンにサラダ油を熱し、両面こんがり焼きます。

チコリより

お稲荷さんをごま油で焼くとどんな味になるのでしょうか?!巻いて作るのも良いですね。ぜひ作ってみたいと思います。

スポンサードリンク