7月22日、TBSサタデープラスで放送された水島弘史シェフが作る「から揚げ」のレシピです。
弱火調理人水島弘史シェフから教わった弱火で作るから揚げの作り方をまとめました。油で煮るサクサクジューシーな唐揚げです。「中が半生」「外が焦げてしまう」「夏場は熱くて無理」という悩みを一気に解消し、通常の作り方よりもさらにおいしく作る調理法です。

スポンサードリンク

から揚げ

材料 2人分

鶏もも肉    200g

(A)
しょうゆ    15g
塩       1g
砂糖      4g
日本酒     8g

(B)
おろししょうが 10g
おろしにんにく 4g
こしょう    少々

(C)
溶き卵     15g
片栗粉     15g

片栗粉     適量

サラダ油    適量

作り方

準備
・鶏もも肉を食べやすいひと口大に切ります。

1.漬け込みの塩、醤油を加えて揉み込み、次に他のアイテムを加えてよく混ぜ合わせ15分おきます。
2.鶏の一つ一つの表面に片栗粉をまぶします。
3.フライパンに底一面になるくらいのサラダ油を入れ、肉を加えます。
4.上から鶏肉の高さのヒタヒタ弱までサラダ油を回しかけ、弱火~弱い中火にかけます。
5.泡が出てきたら100℃位になっているのでhを止め、10分間「弱火で泡が出てきたら火を消して1分」を繰り返します。
 ☆これ以上温度は上がりませんが鶏肉に火が入っていきます。
6.裏返して約3分弱火で加熱し、一度取り出します
 ☆この時点では、から揚げの表面には、ほぼ色はついてはおらず、油まみれの状態です。
7.油を強火で熱し、鶏肉を戻し入れ、転がしながら色がつくまで30秒程揚げ焼きにします。
 ☆色が付いたらOK!表面はサクッと中身はジューシーなります。
8.皿にサラダ菜をひき、鶏肉をのせて、レモンを添えて完成です

POINT

味付けは(A)が味、(B)が香り・(C)が衣になります。一度に全部を加えるのではなく、味→香り→衣の順にそれぞれなじませながら加えていきます。
鶏肉は強火で加熱すると急激に火が入り、かたくなってしまいます。弱火の油で煮ることで、ゆっくり火が入り、中がジューシーに仕上がります。油はねもないのでキッチンも汚れません。

チコリより

とてもおいしそうに揚がっていました。お肉自体の味見良くなるそうです。ちょっと面倒な感じですが、何よりもおいしそうにできるのでぜひやってみたいと思います。

スポンサードリンク