10月14日、テレビ朝日の「おかずのクッキング」で放送された土井善晴さんが作る「サバの煮つけ」のレシピです。
土井先生流煮つけの基本「魚編」、サバをしょうゆと砂糖で煮つけます。

スポンサードリンク

サバの煮つけ

材料 2~3人分

サバ(切り身) 2~3切れ(240g)
しょうが  10g

(A)
砂糖    大さじ1
みりん   大さじ1
しょうゆ  大さじ1と1/2
水     1カップ

作り方

準備
・サバは皮に斜めに深めに1本切り込みを入れます。
・しょうがは皮付きのままタオルをかぶせてたたき、薄切りにします。
 ☆食べておいしい位の厚さに切ります。

1.鍋に(A)を入れて火にかけ、煮汁が熱くなったらサバは皮目を上にして入れ、しょうがも加えます。
 ☆煮汁は沸騰しなくても厚くなっていれば魚を入れてOKです。
2.サバに煮汁を回しかけ、水でぬらした落としぶたをして、強めの中火で7~8分煮ます。
 ☆鍋の中が煮立ったままの状態を保ちます。
3.サバに火が通ったら、ふたをとって火を強め、煮汁を回しかけながら煮つめ、煮汁がとろりとしたら火を止め、器に盛って完成です。
 ☆煮上がったときには煮汁が少しになっています。熱いうちは身がやわらかいのでフライ返しなどを使って丁寧に盛りつけます。

POINT

煮汁のベースは水です。塩気より甘みを少し強くします
煮あがりの煮汁は煮詰まってとろりとしているのが良い煮上がりです。材料の中まで味が染みなくてOKです。煮詰まった煮汁をからめていただきます。

チコリより

  
とろりとした煮汁がさばに絡まっておいしそうです。切り身を使えば煮つけは簡単にできますね。

スポンサードリンク